archive: 2017年07月  2/7

クリオラベルヴィ赤羽東【駅徒歩1分、エリア内では珍しいコンパクトマンション】3階54㎡4,669万円(坪単価284万円)

クリオラベルヴィ赤羽東。志茂駅徒歩1分、赤羽駅徒歩15分の13階建総戸数58戸のレジデンスです。一見、北本通り沿いかと思いきや厳密には面していないポジションですし、地味な志茂駅とは言え南北線で都心直結という点に魅力を感じる方も少なくないでしょう。自転車を使えば赤羽駅までも楽々アクセス可能なポジションですし、バランスはとれていますよね。ただ、一方でHPの資産性のページでアピールされている「ピラミッド」は少々...

  •  0
  •  0

ザ・テラス戸塚グランターミナル【スケールを活かした充実した共用部】5階74㎡4,998万円(坪単価224万円)

続けて、ザ・テラス戸塚グランターミナル。設計は恒企画、施工は東亜建設工業・多田建設共同企業体です。デザイン監修はやはりヴェレーナでお馴染みのインターデザインの小寺氏で菱重プロパティーズとのJVゆえに「ヴェレーナ」の名はついていないもののユーロ色の強いものとなっています。やはりJVだった戸塚ブロッサムテラスほどコテコテ感はないですが、エントランスゲートやウォーターコートあたりはかなりユーロ色が強いもので...

  •  0
  •  0

ザ・テラス戸塚グランターミナル【戸塚駅最大級】5階82㎡6,298万円(坪単価254万円)

ザ・テラス戸塚グランターミナル。戸塚駅徒歩5分の11階建(建築基準法上は地上10階地下1階建)の総戸数175戸のレジデンスです。長後街道向かいのサクラス戸塚のところまでペデストリアンデッキが来ているので駅徒歩5分という数字以上に駅が近く感じるポジションかと思います。紹介する順番が逆になってしまいましたが、既に紹介済のパークホームズ戸塚ステーションプレミアよりもこちらの方が先に分譲開始されています。ザ・パーク...

  •  0
  •  0

センチュリー新小岩【プレイロット×全台平置駐車場】63㎡3,798万円(坪単価199万円)

続けて、センチュリー新小岩。設計は谷口建築企画一級建築士事務所、施工は多田建設です。飯田産業グループのセンチュリーシリーズはマンション実績はけして多いとは言えず、先日ご紹介したセンチュリー荻窪のようにデザイン面に若干の時代錯誤感が見受けられることもあるのですが、この物件は他社物件と比べ遜色ない工夫あるデザインとなっている印象があります。バルコニー手摺にコンクリ・縦格子・ガラスという3種を使い分け、...

  •  0
  •  0

センチュリー新小岩【約7,000㎡の公園予定地至近】79㎡4,398万円(坪単価184万円)

センチュリー新小岩。新小岩駅徒歩15分の12階建総戸数68戸のレジデンスです。駅距離があり、なおかつ蔵前橋通り沿いというポジションではありますが、総戸数68戸とそこそこのスケールがある物件で新小岩パークフロントの南側に開園予定の東新小岩2丁目第二公園(仮称)まで徒歩1分というのは大きな魅力と言えるでしょう。敷地南東方向は戸建などの低層建物が中心となる第一種住居地域なので蔵前橋通りに背を向けた南東向きの中層階...

  •  0
  •  0

クオン新浦安【ディスポーザーはないけど免震×コンシェルジュ】81㎡6,208万円(坪単価252万円)

続けて、クオン新浦安。設計は日建ハウジングシステム及びスターツCAM、施工はスターツCAMです。要するに基本的な設計・施工は免震を十八番とするスターツ自ら行い、デザイン面だけ日建ハウジングシステムの力を借りたということになります。実際、スターツ単独ではこのようなデザイン性の高いものとならなかったのは明白で、エリア内歴代最高単価となる物件に恥じない高級感のある設えとなっています。総戸数は170戸とそこまでで...

  •  0
  •  0

クオン新浦安【超久々の大規模供給】130㎡11,698万円(坪単価298万円)

クオン新浦安。新浦安駅徒歩15分の4階建総戸数170戸のレジデンスです。この新浦安界隈は2006年に地区計画が変更されたことで、それ以前に建設・計画された物件のような十数階建という高さの物件を新規供給することが難しくなっています。そのため、一昔前のように総戸数100戸を超えるようなそれなりのスケールのある物件はなかなか供給されることはありませんし、その後、震災による液状化問題も生じたことで新規の分譲マンション...

  •  0
  •  0

クレヴィア金沢八景ザ・ベイ【スケール・デザイン性を両立させた見事な共用部】3階70㎡5,590万円(坪単価264万円)

続けて、クレヴィア金沢八景ザ・ベイ。設計はIAO竹田設計、施工は若築建設です。海側と駅側で手摺や庇に異なるデザインを採用することで外観デザインにかなり動きを出しているのも当物件の魅力の1つですが、最大のポイントは総戸数72戸の物件とは思えないスケール感のある共用部の設計でしょう。1階部分横須賀街道沿いには大き目の店舗が2区画入るため一般的な物件よりもレジデンス部分の面積が減っているはずなのですが、全くもっ...

  •  0
  •  0

クレヴィア金沢八景ザ・ベイ【駅前×ベイフロント=やっぱり容赦ない価格…】7階80㎡7,610万円(坪単価313万円)

クレヴィア金沢八景ザ・ベイ。金沢八景駅徒歩3分(京急線。シーサイドラインは徒歩1分)の10階建総戸数72戸(事業協力者住戸3戸含む。他店舗2区画)のレジデンスです。「ザ・ベイ」と言う名の通り平潟湾に面したベイフロントに誕生する物件で、この地は駅前の利便性とベイビューを両立させる特等席とも言えるでしょう。駅前土地区画整理事業地内に誕生したパークホームズ金沢八景ほどのスケールはないもののこの界隈では比較的大き...

  •  0
  •  0

首都圏マンション市場動向2017年上半期について

No image

不動産経済研究所発表の首都圏マンション市場動向「2017年上半期」にはなかなか興味深い数字が散見されたのでちょっくら「言いたい放題」してみようかと思います。2017年上半期は、供給戸数14,730戸(前年同期比1.9%増)価格は5,884万円(前年同期比3.5%増)初月契約率67.%(前年同期比1.1ポイントダウン)となった模様です。前年同期に比べ戸数がわずかながら増えたこと、価格もアップしていることを根拠にマンション市況に「...

  •  0
  •  0