スムログ最新記事はこちら
築25年以降は値下がりしにくいとか言うけれど…

【キッチンから洋室へ】川崎ゲートタワー19階77.2平米5,290万円【坪単価227万円】

川崎ゲートタワー。あっという間に完売してしまっていたこちらのタワマンですが、完成間近となりキャンセル住戸が出たようです。

川崎ゲートタワーは川崎市住宅供給公社の分譲物件でタワマン価格が高騰した川崎駅西口最後の物件(当面の間)でありながらも手頃な価格で分譲されたことが人気の主な理由であったことは間違いありません。22階建110戸で戸数が少なめだったのも競争率に拍車をかけました。

駅徒歩8分とやや距離がありますが、長期優良住宅認定物件ですし、共用廊下は内廊下、外観も安っぽくなくバランスのとれている物件ですね。同じ清水建設施工の芝浦アイランドの高級賃貸であるブルームタワーに激似です。
トイレがタンクレスでなく手洗いカウンターもないあたりは仕方ないかな。

画像 004[1]

お部屋は77平米の2LDK南東角高層階です。南東角は一般的に最も単価が高い方角となりますが、ここは南東側が線路で電車がボンボン通るためさらに手頃な価格設定となっております。しかしながら、ダイレクトサッシは二重サッシとなっていますし、窓をどうしても開けたいという方でなければそれほど心配する必要はなさそうです。
それよりも日照面でのメリットが高いと思います。まぁ、夏はダイレクトサッシは暑いですけどね(一応、Low-E採用です。)。

間取り的には玄関位置が絶妙でしかも最低限のクランクインとなっているのでプライバシー面での配慮がありながらも廊下に無駄がない素晴らしい設計です。
LDに入った所のスペースはちょっと使い勝手が微妙な気はしますが、開けた空間なのでLDと一体となり空間的な広がりという意味では問題ないでしょう。

また、珍しいのは洋室2が2WAYとなっていることです。廊下からの動線があり、普通ならそれで終わりなのですが、このお部屋はなんとキッチン方向からの動線もあります。また、そのドアの手前のスペースには窓際にカウンターがあるのでちょっとした作業スペースとすることもできそうです。3WAYのキッチンですし、いずれにしろ窓があると明るくていいですね。

坪単価は227万円。あっという間に売れてしまうでしょう。

0 Comments



Post a comment

1 Trackbacks

この記事へのトラックバック