ザ・パークハウス日吉2階75.6平米6,098万円【坪単価267万円】

ザ・パークハウス日吉。こちらもあっという間に完売してしまいました。
日吉駅徒歩6分という近距離で総戸数97戸の財閥系物件、売れないはずがありません。
日吉駅の西口(東口はほぼ慶應義塾大学のみです。)は非常に人気の住宅街であることは言うまでもありませんが、駅10分圏内はほとんどまとまった土地はなく、マンションが分譲されるとしてもバス便マンションばかりで、徒歩10分圏内のものは過去にもほとんどありませんでした。
ここは徒歩6分ですのでとにかく希少ですし、南向き住戸を多く確保できる類まれな条件でした。
価格は安くはありませんでしたが、条件の良さを考えると割安だったと言えるかもしれませんね。基本的に三菱地所さんはスミフなどと違い長期販売はしない傾向にあるので好感がもてます。

公式ホームページ
画像 001[1]

お部屋は75平米の3LDK南東向き中住戸です。E棟のお部屋で中庭を望むお部屋です。プラウドシティ元住吉のように緑あふれる広い庭とはいきませんが、前のC棟まで距離はある程度確保されているので日照面は良好です。マンション外部からの視線などを気にする必要がないのも内向き住戸の1つのメリットですね。

間取り的には田の字ベースですが、玄関はクランクイン、柱はバルコニー側も玄関側も完全にアウトフレームとなっているのが秀逸で、居室形状はとてもきれいですね。

収納配置もうまいため、居室形状は本当にきれいですが、収納力という意味ではちょっと微妙です。
廊下の大き目の収納は便利そうですが、衣装収納がちょっと少ない印象です。
その辺りが75平米と80平米の違いと言ってよいかもしれません。

坪単価は267万円。けして安くはないですが、売れますよね。このスピードでの完売というとデベ内では安すぎたのではという声も上がっている気がしますが、もちろん利益はきちんと出ているのでしょうし、設備仕様のグレード感などとのバランスも含めて絶妙な値付けであったと思います。
仮に坪単価300近いお部屋ばかりだとしたら様相は全く違ったものになったと思います。

人気が人気を呼ぶ、つまり、モデルルームでの賑わいが完売を生み出すのがマンション販売です。人気も不人気も増幅するので初めにこけるともちろんダメですし、初めが良いとあっという間に完売となってしまうわけです。竣工間近での完売は本当に難しいものなんです。

0 Comments



Post a comment

1 Trackbacks

この記事へのトラックバック