【東急不動産の試金石】ブランズ四番町85平米【坪単価?万円】

先ほどご紹介したザ・パークハウス四番町レジデンスの隣、そしてあの番町パークハウスにも隣接する四番町アドレスに誕生する東急不動産の試金石となるであろう物件がこちらブランズ四番町です。

15階建の総戸数165戸(地権者住戸32戸含む)とこの近辺ではかなり大きな物件です。敷地面積は4,000㎡を越え、北と南の二方で道路に面し、北側は番町パークハウスとザ・パークハウス四番町レジデンスの間にゆったりとしたエントランスアプローチが設えられた優雅な造りとなります。
まさに最近放送されている東急不動産のCMで使っているところですね。

東急不動産が番町でこれだけの規模の超高級感のある物件を販売するということで、今後の試金石とするためには失敗は許されないということで、CMまでうってにわか仕込みながらブランドイメージの向上を図っているのだと思います。
ブランズ麻布狸穴町もありますし、東急にとってブランド力及びブランドイメージの向上は急務といってよい状況ですね。

質よりもブランド力・営業力がプロジェクトの成否を分けてしまうことの多い歯がゆさのある不動産業界ですが、どちらもプレミア感のある立地ですから、立地に伴った良質な物件を期待したいですね。

ホームページ
画像[1]

まだまだ販売開始までは時間がかかりそうですが、代表間取りが発表されていたので1つ紹介します。
発表間取りの中で最も小さな85平米のお部屋で、その事実だけでこのマンションの位置づけが推し量れますね。
165戸もあるのに売りやすい平米数の小さな住戸は少なく、小さくても60平米以上は確保しているようです。販売しやすさを優先するのではなく、マンション全体をほぼ億ションにするという真っ向勝負できた東急不動産に拍手を贈りたいと思います。

間取り的には北東角ということで日照は良好とは言い難く、ザ・パークハウス四番町レジデンス方向となりますが、このコーナーサッシは圧巻ですし、柱の配置も絶妙ですね。

廊下がほどよい長さでプライバシー面の配慮がなされたクランクインの玄関も完璧といってよいレベルです。
今のところ発表されている情報の中では目立ったネガティブポイントはこのマンションにはありません。
東急不動産の最高峰となりえるかも・・・。


えっ?坪単価の予想ですか??
そうねぇ・・・、設備仕様まで一切手抜きがないという前提で北側低層で坪単価400~、南側低層で坪単価450~でどうでしょう。んで、南側の中層以上は坪単価500~かな。
でも、正直いくらモノがよくてもこの戸数を東急が売り切るのは想像できない・・・。
良質なものを造れと煽ったのにごめんなさい東急さん。。。
でも応援してます。

0 Comments



Post a comment