top  >  【新築】東京都下  >  【首都圏で8棟目】ザ・ライオンズ国立2階69平米4,590万円【坪単価219万円】

当サイト内検索    (累計2450棟5400室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)


当サイト内検索    (累計2450棟5400室)



【首都圏で8棟目】ザ・ライオンズ国立2階69平米4,590万円【坪単価219万円】
2012-12-25

ザ・ライオンズ国立。ライオンズ武蔵境マスターズゲートはなかなかの高仕様で「ザ」とつけてもいいくらいと書きましたが、ここは正真正銘の「ザ・ライオンズ」となります。そもそも「ザ・ライオンズ」はこの物件が首都圏でたったの8棟目にあたるわけで、ライオンズブランドの最高峰物件にしかつけられないことは動かしがたい既成の事実といってよいでしょう。

昨今の不動産業界のトレンドは都心一等地においても仕様を控えめにすることでコストを下げ、利益率を維持するというもので、デベロッパーの名前やブランド名だけで売ろうとする物件も少なくない中、このザ・ライオンズはブランド名の乱発を避け、名前だけで売ろうとしていない感じが見受けられます。

当物件は国立駅徒歩15分という駅距離には疑問が残るものの、南側に第1種低層住居専用地域を望む住環境に優れた立地に建つ落ち着いた気品あふれる邸宅風の外観は一目で普通のマンションとは違う趣を持っています。外壁やエントランスホールなどの壁面を構成するリユース煉瓦も見事な風合いですね。

西側に公園スペース、三方道路に面したゆとりの歩道状空地を設けたランドスケープもなかなかのもので、敷地面積5,000㎡弱のうち建築面積はその4割にも満たない2,000㎡弱というのはかなりすごい数字だと思います。まぁ、この立地で地下住戸を作っているあたりはどうかと思いますが・・・。

公式ホームページ
画像 014[1]

お部屋は70平米弱の3LDK南東角です。建築基準法上の2階にあたる住戸の南東角ということでかなり条件の良いお部屋なのですが、サウスサイドレジデンスではなくゲートサイドレジデンスの住戸にあたるため、南側にはサウスサイトレジデンスが重なってくることとなります。正面からはややずれているもののLDのFIXサッシは外から除かれやすいものとなりますのでやや気にはなりますね。

間取り全体的には70平米弱の3LDKということでどの居室もあまりゆとりのない畳数となっており、駅徒歩15分のファミリータイプがこの広さでは厳しいだろうなという感じは否めませんが、柱はほぼアウトフレーム化されており、居室形状はきれいですし、専用ポーチのあるクランクインの玄関、バルコニーのトランクルームなど随所に工夫が見られる住戸でもあります。

坪単価は219万円ということで販売に苦戦するのもやむを得ない感じですかね。
また、設備仕様面は食洗機、ディスポーザー、玄関床大理石、突板フローリング、梁の少ないハイサッシのLDなどおおむね素晴らしいのですが、洗面・浴室は天然石が用いられておらず「ザ・ライオンズ」としては若干物足りなさが残るのも事実です。
管理費は183円/㎡と手頃な設定となっています。



【半分が下がり天井】ブランズ六本木1階42平米4,990万円【坪単価390万円】 | topページへ戻る | 【「ザ」がついてもいいかも】ライオンズ武蔵境マスターズゲート5階65平米4,940万円【坪単価250万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る