【贅沢な角部屋です】ブリリアタワー東京9階82平米7,277万円【坪単価294万円】

ブリリアタワー東京。そのスケール、重厚感は東京建物のタワーの中で最高峰といってよい物件です。エントランスホールや3Fの屋内庭園などの共用部は天井高が非常に高く贅沢な造りとなっています。

前回までのブリリアタワー東京外観
画像 019[1]
お部屋は80平米超の2LDK南東角です。低層階ではありますが、前述のように下階の共用部は階高が非常に高いため、普通のマンションの10階以上の高さがあります。
また、南側には錦糸公園ビューとなるのでこのぐらいの高さが眼下に入りやすくちょうど良いのではないかと思います。半永久的に日照が阻害されるおそれがないであろうお部屋となります。

間取り的には非常に贅沢な2LDKといえるでしょう。タワーの角部屋の宿命ともいえる玄関位置で少々廊下は長くなっていますが(LDの入口付近には実質的な廊下が結構混入しています)、きちんとプライバシー面への配慮のあるクランク設計ですし、許容範囲といってよいでしょう。

これだけの広さがありながら専有面積内に柱がほぼ入っていないのが素晴らしい設計で、洋室間の収納位置も絶妙なので居室形状も完璧といってよいのではないでしょうか。
LDの南西部を洋室にすることで3LDKへの変更もそれほど手間がかからないのではないかと思います。

残念な点を挙げるとするならば浴室の1418でしょうか。他とのバランスからも1620が適切な感じがします。

坪単価は294万円。墨田区(下町)エリアのタワーの低層階とは思えない都心並の単価ではありますが、それだけの評価をされるべきマンションですし、それだけの価値がある住戸だと思います。

このマンションの基本データ
【築年】2006年
【管理費/㎡】211円←充実した共用施設を考えると安いですね。
【修繕積立金/㎡】106円

0 Comments



Post a comment