【柱が目立ちます】エアレジデンス新浦安27階86平米7,580万円【坪単価292万円】

エアレジデンス新浦安。

久しぶりのご紹介です。エアレジデンスといえば、港区湾岸でインプレスト芝浦エアレジデンスが近々分譲開始されますが、この「エアレジデンス」という名前は双日のブランドで過去も用いられていた名前だったのですね。このエアレジデンス新浦安は日商岩井を中心としたJV事業ですが、日商岩井とニチメンの経営統合により誕生した会社が双日です。

このエアレジデンス新浦安は千葉県内で最も高単価で評価されているタワマンといっても過言ではありません。
ただ、設計は長谷工、施工は間組と長谷工のJVというのがなんとも微妙ではあります。
特に長谷工単独のタワー実績はまだまだ少なく、最近ようやく見かけるようになった感じでしょうか。
ルミナリータワー池袋やこれから分譲されるザ・山王タワーなんかがそうですね。

前回のエアレジデンス新浦安外観
画像 034[1]

お部屋は86平米の南西向き中住戸3LDKです。ウエストの南西向き高層階ということで遮るもののない海眺望が存分に楽しめるお部屋です。ディズニーランドの花火が毎日見れますかね。

間取り的にもなかなかのワイドスパン、廊下はほどよい長さで洋室2室の独立性が図れているバランスの良い感じです。

86平米あるだけあって、収納も豊富ですし、各居室の畳数もなかなかゆとりがあります。LD隣の窓のある和室に転がったらとても気持ちよさそうですね。LDと一体とすると19畳超の大空間となります。

残念な点は柱の間隔が結構短いことです。逆梁アウトフレーム工法なので居室窓際は柱がないすっきりとした空間ですが、洋室の真ん前に柱がきているのはどうかと思いますし、LDのサッシの両サイドにも柱がド~ン、さらに、眺望の見えない逆梁手摺も相まって室内からの眺望はちょっと残念な感じです。

後は、洗面浴室への入口が玄関前となっているのもちょっと気になります。このぐらいの専有面積があるならばなんとか回避して欲しかったところですね。

坪単価は292万円。角部屋でこそありませんが、このマンションの中ではかなり条件の良いお部屋なのでこのぐらいの単価は致し方ないでしょう。一昔前なら坪単価300超だったと思いますが、年が明け築年数も10年が経過しましたし、このぐらいが妥当なんでしょうね。

このマンションの基本データ
【築年】2003年
【管理費/㎡】256円
【修繕積立金/㎡】184円

0 Comments



Post a comment