【洋室の形状に注意】千葉セントラルタワー21階80平米4,250万円【坪単価175万円】

千葉セントラルタワー。オリックス不動産とニチモのJVタワーで、設計は入江三宅設計事務所、このオリックスと入江三宅設計のコンビはタワーレジデンス東京と同じです。形は全然違いますが、使われている色がほぼ同じだったりします(笑)。

千葉県では少ない共用内廊下設計のタワマンですね。

前回までの千葉セントラルタワー外観
画像 035[1]

お部屋は80平米超の南東角3LDK、中層階ですが、都心とは違い周辺にはそれほど高い建物があるわけではないので、ほぼ遮るもののないパノラマビューが楽しめます。

間取り的にはこのマンションのウィークポイントとも言える角部屋の廊下の長さはどうしようもない感じですが、洋室2室は独立していますし、廊下側に直接出ることのできるキッチンは面白いと思います。
トイレや洗面が全ての居室から結構遠い位置にあるのがちょっと不便かな。

また、逆梁アウトフレーム工法のためカウンターがかなりの面積を占めてはいるので、家具を置ける部分は畳数表記よりも小さくなるのでやや注意が必要です。特に4.6畳の洋室と5.4畳の洋室は形があまり良くないので余計ですね。

廊下は長めですが、専有面積に占める居室畳数は69.2%(13.1畳+3.6畳+7.7畳+5.4畳+4.6畳)×1.62㎡【※】÷80.42㎡))とそれほど低くないので後はカウンターをどう考えるかですかね。収納もちょっと少なめかな。
【※】マンションの間取り図で一般的に用いられている1畳=1.62㎡

坪単価は175万円。間取りは上記のように気になる点はありますが、日照と眺望の良い南東角としては悪くない単価ではないでしょうか。

このマンションの基本データ
【築年】2009年
【管理費/㎡】271円
【修繕積立金/㎡】47円←不安すぎる安さです。

0 Comments



Post a comment