【玄関が非常に珍しい】パークリュクス日本橋5階61平米5,500万円【坪単価298万円】

パークリュクス日本橋。

再開発の進む日本橋エリアには次から次へとマンションが分譲されますね。
このパークリュクス日本橋は、茅場町駅徒歩3分、日本橋駅徒歩5分など、徒歩6分圏内に3駅5路線が利用可能な証券マンの町「兜町」に誕生しますが、ここらへんは大分風景が変わりましたね・・・。
迫力のある東京証券取引所の建物の隣というポジションはいいんだか悪いんだかわかりませんが、人に家の場所を説明するのは楽でしょう(笑)。

13階建総戸数60戸は全戸南西向きで東証の建物を望む方向となり、中低層階ではちょっと圧迫感がありそうですね。北東側は川沿いなのですが、真上を首都高が走っているのでそちら向きの住戸は設けなかったのでしょう。

公式ホームページ
画像 001[1]
お部屋は60平米超の2LDK、南向き角住戸です。南東は交通量のそこそこある道路側とはなりますが、日照は十分ですし、角部屋ならではの豊かな開口部が魅力的なお部屋です。

間取り的には玄関位置が結構手前なので、専有面積のわりには廊下が長めではありますが、ワイドな開口部のある玄関は非常に珍しいデザインで、玄関スペース(土足)もゆとりがあるので緑を置いたり花瓶を置いたり色々な使い方ができそうなのが素敵です。

柱がアウトフレーム化されていないため、居室の凸凹は少々気になりますが、洋室もそれなりの広さがあるので家具配置上は問題なさそうです。
むしろ残念なのは梁のでっぱりですね。窓際は天井高が2m未満の所が多く、設備仕様面の貧弱さと共に「パークリュクス」というのが如実に現れてしまっています。そのため、サッシ高もイマイチです。

ただ、ワイドスパンの角部屋だけあってサッシ幅が確保されているのはよいですし、サッシの縁がブラックのタイプなのでお部屋全体を締めてくれていてなかなかスタイリッシュな印象を受けます。

坪単価は298万円。日本橋エリアは財閥系のもっとグレード感のあるマンションでもこのような相場ですからそう考えると少々高いような気もしますが、規模感のある物件となるとこのようなタイプの三方角部屋はあまりないですし、日照重視なら悪くないお部屋と言えそうです。

0 Comments



Post a comment