【マルチルームあります】オーベル東陽町ファインレジデンス4階77平米4,680万円【坪単価200万円】

続けて、オーベル東陽町ファインレジデンス。

当物件の売主はオーベルの大成有楽不動産とファインレジデンスの京阪電鉄不動産ですが、
施工はやはりスーパーゼネコン大成建設ではなく大成有楽不動産ご用達の長谷工です。
さすがにオーベル明石町は大成建設ですが、大成有楽不動産と長谷工の組み合わせは多いですよね。

ただ、しっかりと二重床二重天井となっていますし、前回の記事で書いたように柱をアウトフレームにした設計は評価できます。長谷工はいわゆる超二流と言うべきゼネコンで長年積み重ねてきた実績は本当に素晴らしいわけですから、当物件のようにきちんとした構造を採用している物件においては、その他の二流施工会社に比べたら遥かに良いんじゃないかとさえ思います。
まぁ、近隣のパークホームズ東陽町キャナルアリーナが三井×鹿島という強力タッグだったというのがなんとも悲しいところなんですけど、施工内容では負けていないのではないでしょうか。

外観デザインは水辺のレジデンスらしく透明パネルを多用するなど、爽やかで好感がもてますし、IDEEがコーディネートしたというインテリアと植栽はなかなか素敵な空間となるのではないでしょうか。
敷地面積3,500㎡超ですからガーデンをもう少し広くして欲しかった感(建築面積以外の敷地の大部分は駐車場)はなくはないですが・・・。

前回のオーベル東陽町ファインレジデンス

公式ホームページ
画像 004[1]
お部屋は80平米弱の南西角住戸、3LDK+マルチルームという珍しいタイプです。
先ほどの住戸同様に柱はきっちり外出しされていますし、こちらは洗面浴室も廊下からの動線となっているのがいいですね。浴室には窓があり換気面もバッチリです。

角部屋なのにLDが角にないのは残念ですが、LDに面したマルチルームと洋室があるのでメニュープランやリフォームで様々な形に対応できそうです。

全体的に無駄が少ないため、専有面積に占める居室畳数割合は74.1%(12.0畳+3.4畳+6.5畳+5.5畳+5.0畳+3.0畳)×1.62㎡【※】÷77.4㎡))と高いのもいいですし、2mの奥行きのあるバルコニーと透明の手摺が数字以上に住戸内を広く感じさせてくれそうです。
(【※】マンションの間取り図で一般的に用いられている1畳=1.62㎡)

管理費は191円/㎡。外廊下ですし、共用施設が充実しているわけでもないので安くて当然ですが、最近の物件としてはお安目で好印象です。

0 Comments



Post a comment