東京フロントコート17階65.3平米4,480万円【坪単価227万円】

東京フロントコート。豊洲の開発初期に販売された売主-東京建物、施工会社-長谷工の物件です。長谷工の十八番である20階で60メートル未満(この物件は59.9メートル)の低コスト物件です。60メートルを超えると建築基準法における建築基準が厳しくなりコストが高くなるため60メートルギリギリに抑えて階数を最大限増やすと20階建てとなるのです。もう、おわかりかと思いますが、20階建て60メートルってことは階高が約3メートルということです(通常、1階は4~5メートルありますので他階は3メートル未満です。)。階高が3メートル未満となると2.5メートル以上の高い天井高を実現するのは非常に難しいですし、スラブ厚も薄くなるので上下階の音も不安要素となる可能性があります。

外観【BLUESTYLE.COM】
画像 006[1]

間取りは普通な感じの田の字ですが、変わっているのはマルチルームがあるのとお風呂に窓があることでしょうか。まぁ、南側の洋室には収納がないのでマルチルームは実質的に収納となるのでしょうが、お風呂に窓があるのはやはり換気面で非常に便利ですね。
坪単価は227万円となにやら分譲当時より大分高いですが、この立地は駅近でとても便利ですし、近隣のタワマンに手が届かない層には需要があるのかもしれません。
まぁ、それにしても高いですが…。

このマンションの基本データ
【築年】2005年
【管理費/㎡】118円←非常に安いですね。大規模物件だからという理由では片付けられません。仮にこの物件が今年分譲されていたら確実にこのような管理費ではすみません。昨今は多くの売主が管理費で儲けようとしている気がするのは気のせいでしょうか?!
【修繕積立金/㎡】107円

0 Comments



Post a comment