【中野のランドマーク】中野ツインマークタワー2階70平米7,680万円【坪単価362万円】

中野ツインマークタワー。

新築分譲が少ないので、ちょっくら中古を見てみたら中野ツインマークタワーがあったので記事にしてみます。竣工してもすうぐ一年になるのですね。この物件が高額坪単価(約360万ぐらいだったかな)であっという間に完売したからこそ昨今の中野の坪単価300超が当たり前の相場形成がなされたという見方もできます。

当物件は押しも押されもせぬ中野のランドマークですが、敷地面積2,700㎡超の29階建総戸数234戸とタワマンとしてはそれほど大きなものではなく、総戸数500戸以上の大規模再開発タワマンのように共用部も豪華という感じではありません。単価のわりには少々寂しい感は否めません。

ただ、その「ツインマーク」という名前の通り、一般的な2棟建てではなく、中層階以上をブライトタワーとエアリータワーの2棟に分離させた外観デザインは話題になりましたし非常に目立ちますよね。1本1本は結構なペンシルなのが気にはなりますが・・・。

敷地形状はかなり不整形で接道部分も少なめですが、それをうまく生かしたプライベート感あふれるメインエントランスまでの動線や比較的緑の多いガーデンなど野村(三井とのJV)さんらしいコンセプトの物件ですよね。

全く似ていませんが、ふとウルトラマンの怪獣のツインテールを思い出してしまいました(笑)。
なつかしい・・・。

外観
画像 002[1]
お部屋は70平米超の2LDK、南角住戸です。2階なので2棟に分かれてはいませんが、ブライトタワーの下部にあたる住戸です。南東面・南西面共に敷地にそれほど余裕がないので少々囲まれ感のあるお部屋とはなります。

間取り的にはタワーの角部屋としては玄関位置がまずまずで、3LDKではなく2LDKとなっているゆえに廊下はかなり短めですんでいます。キッチンが窓際に位置しているがゆえに簡単に3LDKへの変更が出来ない間取りではありますが、あくまで2LDKとして考えるならば20畳超のLDKは非常に優雅ですね。

洗面室は少々狭く、洗面台の幅も70平米超ならばもう少しゆとりが欲しかった感はありますが、入口ドアは引き戸ですし、スペースはうまく使えているとは思います。LD内に収納はありますが、専有面積のわりには収納が少なめなお部屋です。

坪単価は362万円。分譲時より結構高いですが、昨今の周辺相場などを考慮すると売出価格としてはこうなるのでしょうね。
それぞれが細いツインタワーでスケールメリットが得にくい設計です。エレベーターも当然別々に設置しなければならないので非効率となるせいか管理費も割高感があります。
ツインにしたことで角住戸率が増えているのは良いのですが、もう少し規模が大きければなおよかったですね。

このマンションの基本データ
【築年】2012年
【管理費/㎡】371円⇒高いです。
【修繕積立金/㎡】127円

0 Comments



Post a comment