【大成建設施工】グレーシア調布11階71平米6,208万円【坪単価287万円】

もう1件、グレーシア調布。

駅前再開発案件でちょっとしたランドマークとなる存在でしょうし、価格もそれなりということもあり、グレーシアシリーズとしては外観やエントランス周りにも力を入れている印象です。
また、当物件の施工はスーパーゼネコン大成建設が担当しており、15階建総戸数120戸とタワーでもない気持ち大きい程度の物件をスーパーゼネコンが手がけること自体珍しいものです。まぁ、下部にはガラスウォールデザインが映えるかなり階高のある立派な商業施設が施工されるのでそれゆえにという感じが強いとは思いますが。

ここがスーパーゼネコン施工であるがゆえなのか、後発のスミフ物件も16階建ながら清水建設を起用してきました。建設コストが上昇の一途をたどる昨今でスーパーゼネコンの駅前スミフマンションがいくらで販売されるのか目が離せません。

前回のグレーシア調布

公式ホームページ
画像 002[1]
お部屋はやはり70平米超の3LDK、南向き中住戸です。南側は前回の記事で書いたように4階建の商業施設が出来ますが、その先には調布サウスゲートビルがあるので、視界は抜けませんが、圧迫感はなく日照も良好です。

間取り的には中住戸にありがちな田の字ベースのプランでないことに好感がもてます。ワイドスパンのわりには開口部が地味で不完全燃焼的な感じがなくはないですが、共用廊下側に突き出る形で洋室1が設計されているがゆえに廊下がコンパクトながらも居室独立性が確保された間取りは先ほどの角部屋同様に評価できますね。
LD隣の洋室3はやはりウォールドアが採用されており、柔軟性にも富んだタイプです。

居室畳数割合は71.0%(10.2畳+4.3畳+7.3畳+5.0畳+4.5畳)×1.62㎡【※】÷71.45㎡))と居室独立性が図られたタイプとしては上々の数字です。キッチンと洋室1が広いのが特徴ですね。収納は数は豊富ですが、1つ1つの大きさは小さめです。
(【※】マンションの間取り図で一般的に用いられている1畳=1.62㎡)

坪単価は287万円。角部屋と比べて相応と言える単価差がありますし、中住戸としては希少とも言える田の字プランでないことを考えると悪くない水準でしょう。

設備仕様面は食洗機、ディスポーザー、ミストサウナ付き、水周り天板はいわゆる天然石ではないもののキッチン天板にフィオレストーンが採用されていますし、それなりのものとなっている印象です。相鉄ならではの良水工房ももちろんついています。

0 Comments



Post a comment