top  >  各賞発表  >  2013年モモレジ部門②

当サイト内検索    (累計2300棟5000室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)

当サイト内検索    (累計2300棟5000室)

2013年モモレジ部門②
2013-12-30

2013年モモレジ部門の続きです。

【銀賞】を受賞したのはクレヴィアタワー目黒不動前プラウド大宮ルフォン板橋区役所前タワーレジデンスの3棟です。
デベ、エリア、価格帯などいずれも異なる3つの物件ですが、モモレジ的には大きな共通点があります。
それは、施工が三井住友建設のタワマンでいずれもSulatto3という技術が採用されているということです。この賞の受賞者はむしろ三井住友建設ですね。
詳細は各マンションの記事をご確認いただければと思いますが、受賞理由としてはこの技術は専有部内に「豊かな3次元空間」を提供し、その「豊かな3次元空間」というのはモモレジが間取りを見る上で非常に重要視している点だからです。

現状の技術ではSullatto3の恩恵は全戸が受けられるわけではなく、メインバルコニーではない側面部には太い梁などが避けられないといったデメリットも存在しますが、バルコニー手摺を透明にできる(眺望がポイントのタワマンにとって大きなメリット)メリットを持ちながらも室内に梁の影響を緩和でき、サッシ高も高くできるこの技術は今後のさらなる技術革新の期待を抱かせるには十分なパフォーマンスといって良いでしょう。

【銅賞】は、ユニーブル渋谷神南ユニーブル横濱です。売主ユニホーは完全なる中小デベであり、昨今の大手寡占化の進む不動産業界において苦しい立場なのは間違いないかと思いますが、その中で両物件ともクオリティと価格のバランスがかなり良好だったことが受賞要因です。
来年もぜひとも頑張ってもらいたいデベロッパーですね。

【おまけ】開口部の充実した珍しい間取り特集 | topページへ戻る | 2013年モモレジ部門①

このページのtopに戻る

コメント:

No title

本年も1年間、ありがとうございました。
昨年も年末にコメントに書かせていただきましたが、昨日のことのように思えます。(笑)

今年はアベノミクスで後半は私の住んでいるマンション供給過多地域ですら、完売が相次いでいます。来年は建築費の高騰もあり新築マンションが1割上がるとか言われておりますが、私の持ちマンションも上がれば…(汗)

野村不動産が11月に発表した中間決算の投資家向け説明資料に建築費が2011年比で23%上がったと書かれていました。
http://www.nomura-re-hd.co.jp/ir/ir_library/images/materials/131108_kessan.pdf

では、来年もよろしくお願いします。
良いお年をお迎えください。

コメントの編集

Re: No title

こすもす様

前回のコメントのご返信が遅くなりまして申し訳ありません。
また、再度コメントいただきまして有難うございます!

こちらこそ、本当に今年も有難うございました!
ほんと1年てあっという間に終わりますよね・・・。
来年も悔いのないよう1件1件の記事を大切に書いていきたいと思っております。

建築費の上昇の件は私も見てました。建築費が23%上昇するとプロジェクト全体に占めるコストはどのぐらい上昇するのでしょうね。5%ぐらいいきますかね???

こすもす様も良いお年をお迎え下さいませ。

コメントの編集

No title

モモレジ様

何度も失礼しました。仕事納めの帰りにコメントを書かせていただいていたのを失念しておりました。

ではよいお年をお迎えください!

コメントの編集

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る