top  >  【新築】渋谷/目黒  >  【四面開口】サンウッド学芸大学テラス4階77平米7,150万円【坪単価306万円】

当サイト内検索    (累計2150棟4700室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2150棟4700室)

【四面開口】サンウッド学芸大学テラス4階77平米7,150万円【坪単価306万円】
2014-01-28

サンウッド学芸大学テラス。

学芸大学駅徒歩12分の5階建総戸数17戸というこじんまりとしたレジデンスですが、目黒通りから一本入った南の間口が広い敷地は悪くないですね。このあたりのエリアは駅徒歩10分以上の物件が多いので徒歩12分は全然普通ですし。
ただ、南側の道路が非常に細く前建との距離が近いので、もう少し建物をセットバックする余裕があると良かったのですが、敷地面積約550㎡では致し方ないでしょうか。

施工は埼玉建興、外観やエントランスデザインは規模的に小さいこともあり、地味な印象ですが、この規模で内廊下設計が採用されているのは評価できますし、白を基調とした落ち着いたエントランスは品がありますね。

昨年末に完成しており、消費税増税前に合わせて売り出した典型的な竣工売り物件です。こういった物件は竣工前から売り出していたいわゆる売れ残り物件と違いますから、いわゆるマイナスイメージはありません。
ただ、総戸数も少なく短期間での販売となるので事前情報も少なく、初心者にとっては判断が難しくなるはずです。それが、デベ側の狙いでもあるのでしょうが。

公式ホームページ
画像 006[1]
お部屋は77平米の3LDKで南東向きメインですが、四方に開口部がある開放感のある珍しいプランとなっています。先日、全戸四方開口のバースシティ溝の口シエルをご紹介したばかりなのでインパクトは薄いかもしれませんが、四方開口住戸は本当に貴重ですし、当タイプはなかなか見事ですね。

LDの入口部分に実質的な廊下部分が長めに混入してはいるものの、角部屋にしては玄関廊下は比較的コンパクトに纏まりつつも洋室2室の居室独立性が確保できています。

全体的に柱の影響も少ないですし、コーナーサッシが採用された採光面に優れたマスターベッドルーム、窓のある浴室贅沢な造りです。

専有面積に占める居室畳数割合は70.8%(15.1畳+3.0畳+6.1畳+4.9畳+4.7畳)×1.62㎡【※】÷77.31㎡))と角部屋にしてはやや高い水準です。
(【※】マンションの間取り図で一般的に用いられている1畳=1.62㎡)

収納も大きなものは少ないですが、数が多いですし、見た目よりも収納力がありそうです。

坪単価は306万円。特別な特徴はないマンションですが、この間取りはかなり魅力的と言えるものですし、もちろん日照も良好ですので、昨今の相場からすると手頃感がある方です。

設備仕様面は少戸数でディスポーザーはなく、ビルトインエアコンなどの高級感はないものの、食洗機、水回り天板の天然石仕様など最低限抑える所は抑えています。
浴室照明がダウンライトでないのはがっかりですが、キッチンにバックカウンターがついているのは嬉しいですね。

管理費は282円/㎡。総戸数17戸で内廊下設計ですので、仕方のない水準です。

【開口部の充実したLD】クレストフォルム南大井8階76平米5,378万円【坪単価235万円】 | topページへ戻る | 【オリックスが大京を連結子会社に】ライオンズ上大岡エアーズヒル4階64平米4,590万円【坪単価236万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る