【好間取りかつ好仕様】ライオンズ戸塚シーズンフォート3階81平米5,670万円【坪単価233万円】

ライオンズ戸塚シーズンフォート。

戸塚駅はマンションが次から次へと新規物件が出てきますね。戸塚駅徒歩9分の5階建総戸数37戸のレジデンスです。

ただ、平坦な道程で駅徒歩9分とはいえ、周辺物件との競合は避けられないためか、専有部共用部ともに見所が多い物件でもあります。

設計にIAO竹田設計、デザイン面に船田アーキテクツを起用した万全の体制です。ライオンズ王子ステーションライズでも船田アーキテクツが起用されていますが、ここのデザインは船田アーキテクツが携わっていないライオンズ田無セントマークスに似ていますね。

低層レジデンスながらワイドなFIXサッシを採用した、外観及び専有部のデザインはライオンズならではですね。他の大手デベは都心一等地物件などでないとこういった個性ある構造の物件はほとんど造りませんからね。

ちなみに、施工は松村組となります。

公式ホームページ
画像 004[1]
お部屋は80平米超の3LDK、東角住戸です。この東角と75平米の南角のどちらをご紹介しようか迷いましたが、ライオンズらしいピュアライトスタイルキッチンが採用されているこちらにしました。南角はピュアライトスタイルキッチンでこそありませんが、バルコニーにキッチン、洗面所、浴室全てが面しているやはり開放感抜群のプランです。


間取り的にまず初めに語るべきはやはりLDに面した開口部の多さでしょうね。FIXサッシは上部の梁の影響もあり、サッシ高は高くはありませんが、北東面目一杯に広がるこの窓はなかなか存在感があります。

ピュアライトスタイルキッチンとしていることで、LDの入口付近のデッドスペースが少なくて済んでいますし、リビングとダイニングの家具配置もしやすい無駄のないLDKと言えるのではないでしょうか。

角住戸なので廊下は普通に長いですが、最近では珍しい80平米超のゆとりがあるので、収納もまずまずそろっていますし、1620の浴室などからもゆとりを感じます。
柱の影響もほとんどなく、居室形状も全体的に良好です。

坪単価は233万円。南西向き住戸の上階に比べれば日照時間は短いでしょうが、両面が接道しているポジションなので、周囲の建物との距離がある程度確保されており、価格とのバランスは悪くないでしょう。

設備仕様面は規模的にディスポーザーはないものの、食洗機はついていますし、突板フローリング、キッチン天然石天板、大理石の玄関床など、この単価の物件ではあまり用いられない仕様となっているのもライオンズならではです。もう一度言いますが、他のデベはこの単価水準の物件でこのような仕様を採用することはまずありません。

0 Comments



Post a comment