【菜園付き専用庭】ライオンズ戸塚シーズンフォート1階70平米4,690万円【坪単価221万円】

もう1件、ライオンズ戸塚シーズンフォート。

当物件の半数以上は南西がメインバルコニーとなりますが、南西面は接道しておらず、隣接建物と十分に間隔を確保できているかというと微妙な所です。

ただ、それゆえに1階住戸にはかなり珍しいタイプが設計されています。テラスと専用庭だけでなく、マルチポート、さらに菜園までもがついているのです。

大京さんは大和ハウスとのJVでしたが、スカイクルーズタワーの屋上に家庭菜園を取り入れていましたし、菜園推しなんですね。子育てファミリーだけでなく、ある程度高齢の方にもうけそうな良い試みだと思います。

前回のライオンズ戸塚シーズンフォート

公式ホームページ
画像 005[1]
お部屋は70平米の3LDK、その菜園付きプランです。テラス・専用庭があることで前建との距離はそれなりに確保されているので、日照は悪くなさそうです。

マルチポートは接道している1階住戸に多いと思いますが、こちらの南西向き住戸は接道しておらず、道路から1階住戸のために設計された通路を通ってのアクセスというのがちょっと贅沢ですね。

間取り的にはいたって普通の田の字ベースのプランという印象ですが、柱はバルコニー側だけでなく外廊下側もアウトフレーム化されていますし、特別指摘する点もないバランスの良い間取りだと思います。

専有面積に占める居室畳数割合は72.3%(12.5畳+3.3畳+6.0畳+5.0畳+4.5畳)×1.62㎡【※】÷70.10㎡))とやや高めの水準で、どちらかというと居室畳数重視という印象なので、収納が気持ち少なめな印象もなくはないですが、ウォークインタイプの収納を採用していないので収納内に無駄な部分は生じず、収納力は間取りの見た目よりも高いと思います。
(【※】マンションの間取り図で一般的に用いられている1畳=1.62㎡)

坪単価は221万円。先ほどの角部屋とそれほど変わらず1階住戸のわりに高い印象がありますが、専有面積がかなり違うのでグロス価格は全然違いますし、前述の通りの魅力(工夫)がなされた住戸なので、割高感はありません。有料となるようですが、専用庭部分を自分好みにできるオプションが設定されているのも嬉しいですね。

管理費は208円/㎡。外廊下かつディスポーザーもありませんが、総戸数的にはこんなものでしょう。

駐車場は19台です。空地率が46%と高めなので、平置があってもよかったと思うのですが、緑が比較的充実したランドプランということもあり、全て機械式となっています。

0 Comments



Post a comment