top  >  【新築】新宿/文京/中野  >  【話題性抜群の地下住戸】ザ・パークハウス上鷺宮1階86平米5,998万円【坪単価230万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【話題性抜群の地下住戸】ザ・パークハウス上鷺宮1階86平米5,998万円【坪単価230万円】
2014-05-10

ザ・パークハウス上鷺宮。

いよいよ話題性抜群のこちらの物件が販売開始です!
何割申込が入るのかは終わってみないと分かりませんが第1期では169/261戸と約65%と販売ということで大したものですね。竣工は来年2月であまり余裕もないですが、これで8割売れれば半分以上捌けるわけですから上々のスタートと言って良いでしょう。地下住戸の売れ行きがどの程度なのかが気になる所ですね。

立地は富士見台駅徒歩4分、中村橋駅徒歩9分の第一種低層住居専用地域です。3方で接道した開放感のある19,000㎡弱の第一種低層住居専用地域ということで早くから話題になっていた当物件ですが、配棟プランはわりとオーソドックスな印象でしょうか。

同じく広大な第一種低層住居専用地域に建つレジデンスとして話題性抜群のインペリアルガーデンと方角こそ違えど敷地形状は似ていることから、そのランドプランの違いにも注目していましたが、こちらはやはり無難に南向き中心の3棟構成できましたね。

やはり敷地中央部(棟と棟の間)に駐車場を配置しており、空地の多くが駐車場となっている点はインペリアルガーデンと同じですが、敷地周囲や南側のパブリックガーデン、さらに敷地中央付近にプライベートガーデンまである緑を多く携えたランドプランはなかなか素敵です。

建物は地上3階地下1階で地下住戸も数多く存在するレジデンスですが、このような類い希な立地の大規模物件は専有部の条件が悪くとも住んでみたい人は相当数いるはずですし、デベは当然営利企業なので当然のプランニングと言えます。地下住戸が多くありながらもあっという間に完売した吉祥寺御殿山ハウスを彷彿させますね。まぁ、あそこはブランド立地のわりに販売時期的に価格にかなり手頃感があったのは確かですが・・・。

公式ホームページ
IMG_1575[1]
お部屋はC棟の86平米の3LDK、南向き中住戸です。当マンションの地下住戸はハナレがあるタイプがあることも話題になりましたが、ここはトランクルームとなっているタイプですね。あのハナレを見て某有名女性作家さんの豪邸の中にあるハナレを思い出したのは私だけでしょうか。私は言うまでも無くマンションをこよなく愛しているので戸建はNGですが、ハナレはいいですよねぇ・・・。

ただ、このトランクルームもかなり大きくて素晴らしいですね。やはり吉祥寺御殿山ハウスの地下住戸にもテラスに収納が設けられているタイプがありましたが、マルチストレージという位置付けでここのものより大分小さかったです。ここのトランクルームはほんと広いので、ハナレとして使っちゃうってのはどうでしょう(爆)?
その場合、ただ単に家庭内で邪魔もの扱いされているだけなんじゃないかと思われる可能性があるので注意が必要ですが(笑)。

間取り的にはまずまずのワイドスパンです。
ただ、洋室2室はリビングインで玄関廊下も比較的コンパクトな設計と86平米もある3LDKとしては無駄の少ない近年らしいプランと言って良いでしょうか。

玄関正面方向に洗面所やトイレの入口があるのはどうかと思いますし、無駄の少ない86平米のプランのわりにはLDが13.7畳、浴室は1418と思ったほどゆとりのない印象もなくはないですが、7畳のマスターベッドルームや4.7畳のキッチン、巨大なウォークインクローゼットなどに広さを感じることができるはずです。

坪単価は230万円。C棟南側はパブリックガーデンに面しているわけですが、当住戸の位置はC棟の東端に近い位置で南側が公園ではなく日照面で前建の影響が避けられないため、かなり安価な設定となっているようです。
まぁ、当住戸の場合、専有面積が広いのでこの単価でも約6,000万円してしまうあたりに販売面の苦しさを感じなくはないのですが、このプランを設計してくるあたりに当物件への地所さんの自信が垣間見えるのは気のせいでしょうか。

【吹抜を多用】ザ・パークハウス上鷺宮3階77平米6,598万円【坪単価284万円】 | topページへ戻る | 【東京タワーと芝公園】ウェリスタワー愛宕虎ノ門19階71平米370,000円【坪賃料17,337万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る