top  >  【新築】港/中央/千代田  >  【内廊下で管理費214円/㎡】クラッシィハウス神田美土代町25平米2,690万円【坪単価352万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【内廊下で管理費214円/㎡】クラッシィハウス神田美土代町25平米2,690万円【坪単価352万円】
2014-05-13

もう1件、クラッシィハウス神田美土代町。

当物件の施工は西松建設です。ちなみにクラッシィハウス神田は奥村組でしたので異なる建設会社が起用されているということになります。

前回の記事で書いたように共に逆梁を外出しした工法が用いられているので外観も似ていますが、デザイン面も違う会社が担当しています。あちらはIAO竹田設計ですが、こちらは日建ハウジングシステムです。
どちらも著名な会社でこのような点からもクラッシィハウスシリーズのデザイン面を重視している姿勢が垣間見えますね。
日建ハウジングシステムにしてはちょっとおとなしすぎる感じのエントランス周りという印象もなくはないですが、「和」を意識しているゆえとも言えますし、クラッシィハウス神田同様に内廊下のデザイン性が高いですね。

前回のクラッシィハウス神田美土代町

公式ホームページ
IMG_1579[1]
お部屋は25平米の1ルーム(スタジオタイプ)、西向き中住戸です。
西側道路はひっじょ~に細く前建の圧迫感が凄まじいことからこのようなスタジオタイプや1LDKが数多くプランニングされています。こういったタイプであれば低層でも坪単価350万円などでも売れるでしょうが、この位置の55平米6,000万円弱の2LDKや70平米7,500万円の3LDKを売るとなると容易ではないですからね・・・。
このようなプランニングとすることでマンション全体の総販売価格を上げることができているので上層階3LDKはその分価格が抑えられていると言えるのではないでしょうか。

ただ、だからといって当タイプが割高かというとそうではないですね。20平米台の住戸は都心部全域でこういった単価で販売されるのが普通ですし、単身向けならば日照や前建の影響はそこまで考慮する必要はないでしょうから。

また、当住戸の場合は間取りが珍しいのもポイントの1つです。中住戸ながら1ルームで三方に窓があるのはそうそうありませんよね。バルコニーが両面についているのも非常に稀ですし、お風呂にも窓があるのも換気面で重宝するでしょう。

残念なのは柱です。この位置の柱はFIXサッシからの採光を妨げますし、もったいないですね・・・。

坪単価は低層階で352万円。単価については前述の通りです。単身向け住戸ならではの単価ということです。

設備仕様面はディスポーザーも食洗機もありませんが、ミストサウナはついており、水回り天板はフィオレストーン仕様とそれなりに高級感があります。スタジオタイプはトイレが独立していないのでトイレ手洗いカウンターはありませんが、それ以外の手洗いカウンターのあるタイプはそこの天板までもがフィオレストーン仕様となっています。

管理費はなんと214円/㎡。ディスポーザーはないものの内廊下仕様でこの単価とは驚きです。クラッシィハウス神田も内廊下で235円/㎡とかなり安かったですが、それをも上回る安さというかここまで安い物件は非常に貴重です。消費税も8%計算となっているでしょうし。
平均専有面積が下がっているので総戸数が増えたことによるスケールメリットはそれほどないと思うのですが、その影響も幾分かはあるのでしょう。

【充実した開口部】クラッシィハウス練馬富士見台2階76平米5,869万円【坪単価255万円】 | topページへ戻る | 【逆梁を外に】クラッシィハウス神田美土代町75平米7,640万円【坪単価337万円】

このページのtopに戻る

コメント:

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの編集

Re: タイトルなし

田中様

コメント有難うございます。

こちらのマンションの2LDKとグリーンパーク千代田大手町の2LDKとで迷われているとのことですが、コメント欄でご返信するには煩雑すぎますので、メールフォームからご連絡いただけますか。

また、誰にとってもオススメのマンションは基本的には存在しませんので、メールをいただく際にはマンションを購入する上で重視する条件や将来的なリセールを想定をしているかなどについてコメントをいただけますか。

お手数ですが宜しくお願い致します。

コメントの編集

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る