top  >  【新築】東京都下  >  【清水建設施工】セントラルレジデンス調布ステーションコート13階70平米6,680万円【坪単価315万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【清水建設施工】セントラルレジデンス調布ステーションコート13階70平米6,680万円【坪単価315万円】
2014-05-18

もう1件、セントラルレジデンス調布ステーションコート。

当物件の施工はスーゼネ清水建設。清水も含め次々とスーゼネが施工ミスやらかしている現状でスーゼネ施工は何の自慢にもならないかもしれませんが、長い目で見れば何だかんだ言ってブランドがあるというのは心強いものですよね。

目先の比較対象となるグレーシア調布がスーゼネ大成建設施工だったこともあるでしょうが、ここよりも規模の小さいセントラルレジデンス外苑西通りやセントラルレジデンス早稲田でも大林組を起用していますし、セントラルレジデンスシリーズでは特に施工会社に力を入れている様子が伺えますね。

デザイン面はとりたてて高級感があるわけではありませんが、低層の店舗・事務所部分を中心にFIXサッシが多用されているので、透明感のある今風のデザインで洗練された印象にはなっていると思います。

前回のセントラルレジデンス調布

公式ホームページ
IMG_1631[1]
お部屋はやはり70平米の3LDK、北東角住戸です。当住戸位置の北側には至近距離にビルが建っていますが、当住戸は上層階でビルより高い位置にあるので、北も東も眺望は悪くないでしょう。

角住戸は玄関位置の関係上、廊下が長くなりがちなので、70平米の3LDK角住戸はバランスの良いものが造りづらいのですが、70平米の3LDKを造らせたら右に出る者がいないであろうスミフらしいバランス良好なプランとなっています。

広めのポーチを確保することで玄関位置を廊下面から窪ませることで、玄関廊下をコンパクトにまとめています。やはり洗面所はリビングインですし、LDドアがかなり玄関寄りにあるので実質的なLDがかなり狭いことに注意が必要ですが、玄関周りはプライバシー面の配慮も十分ですし、収納の数も豊富ですね。

ただ、洋室3の引き戸は開いても1枚分邪魔になるので、クローゼット脇に戸袋を造って欲しかったというのがあります。LDだけだと広がりに欠けますから、洋室3をLDと一体的に使える柔軟性が欲しかった所です。

坪単価は315万円。日照面を考慮してか先ほどの南向きに比べ幾分安い設定です。通風・採光抜群、そして眺望も享受できるポジションですから、角部屋好きには悪くないでしょう。

設備仕様面は、天然石が用いられていない水回り、浴室照明がダウンライトでないなど、相変わらずのスミフ仕様という印象ですが、食洗機、ディスポーザー、ミストサウナは標準装備されています。

管理費は247円/㎡。外廊下かつディスポーザー付きとしては妥当な範囲内ですがスケールメリットがありますし、管理費の手頃な物件が多いスミフ物件の中ではわりと高い方という印象です。グレーシア調布は379円/㎡と馬鹿高かったので、すごく安く感じますが・・・。
こちらも下層階が事務所・店舗ということもありしっかりと24時間有人管理が採用されています。

【廊下天然石なのに外廊下】ディアナコート小石川竹早6階95平米11,500万円【坪単価402万円】 | topページへ戻る | 【すごいフロア形状】セントラルレジデンス調布ステーションコート12階70平米6,980万円【坪単価329万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る