top  >  【新築】東京都下  >  【空地率約60%】リバーサイドレジデンス喜多見2階67平米4,480万円【坪単価220万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【空地率約60%】リバーサイドレジデンス喜多見2階67平米4,480万円【坪単価220万円】
2014-05-25

もう1件、リバーサイドレジデンス喜多見。

当物件の施工は銭高組。総戸数94戸とそこそこの規模があるゆえかネームバリューのある準大手といえるゼネコンを起用できています。規模的にもそうですが、わりと手頃な価格帯のこういったエリアの物件でそこそこネームバリューのあるゼネコンを使うのは最近ではスミフぐらいのものです。

敷地面積3,300㎡超に建築面積はわずか1,300㎡超と非常に高い空地率を誇る当物件は54台の駐車場のうち半数を平置タイプ、また、ウィズパークという敷地東側に設けられた提供公園の他にも敷地内に多くの緑を配置することができています。
周囲の緑あふれる環境と見事に連動させた好設計ですね。

敷地形状的に角住戸を除く大半のタイプが東向きと西向き(西南西向き)となってしまうのはデベにとっては苦しい所であるのは間違いありませんが、それゆえにデザイン面やグリーンに力を入れている面はあるでしょう。小石川植物園の緑に頼りすぎの超高級物件インペリアルガーデンとは大違いです(笑)。

前回のリバーサイドレジデンス喜多見

公式ホームページ
IMG_1712[1]
お部屋は67平米の3LDK、東向き中住戸です。やはり、イースト棟のお部屋で野川ビューのタイプです。

スミフの十八番といえる間取りで無駄の少ない田の字なので67平米のわりには使い勝手は悪くないはずですが、数字的な意味でせめて70平米は確保して欲しかったですね。67平米というのはやはり印象が良くないです。完全なグロス対策(販売のしやすさを考慮)であり、先ほどの条件の非常に良い77平米の角住戸と単価差がほとんどない価格設定となっているあたりからも中住戸でも単価を下げずに売りたい思惑が垣間見えます。

ただ、LDのドア以外には全て引き戸(ウォークインクローゼットまで)が採用されていますし、柱の影響もほとんどない極力無駄を排除した設計は評価してあげて良いでしょう。

中住戸ながらLD部分にサッシ3枚分確保された連窓サッシの開放感もかなりのものでしょうし、イメージCGのようにバルコニーをウッドデッキ敷にしたら気持ち良いでしょうね。サッシも黒縁のものが採用されているので見た目の高級感も十分です。

坪単価は220万円。単価については上で述べた通りで、後は「徒歩15分」と「環境」どちらに重きを置くかそれに尽きるでしょう。

管理費は148円/㎡。総戸数94戸のスケールメリットがしっかりと効いている水準と言って良いでしょう。徒歩15分の立地ゆえ駐車場設置率が5割を越えているので、駐車場収入である程度補えるという面もあるでしょうね。

【文京区×駅徒歩2分×大通りに面しない】イニシア文京根津4階73平米7,998万円【坪単価361万円】 | topページへ戻る | 【スミフだよ(笑)】リバーサイドレジデンス喜多見77平米5,280万円【坪単価228万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る