top  >  【新築】豊島/板橋/練馬  >  【引き戸の裏に納戸が!】グランマークレジデンス1階70平米4,448万円【坪単価209万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【引き戸の裏に納戸が!】グランマークレジデンス1階70平米4,448万円【坪単価209万円】
2014-06-17

もう1件、グランマークレジデンス。

施工は西武建設です。プラウド田無ガーデンズプラウド府中白糸台でも担当しており、最近は野村さんとの関係が深い印象です。
まぁ、デザイン的には長谷工施工だと言われたら納得してしまう感じで、一般的などこにでもあるカラーリングという印象ですが、パッシブウインドウ(コンサバトリー部分のFIXサッシ)を所々に設けることで単調さを回避している点は評価できると思います。
デザイン監修はパークスアーキテクツです。東京駅徒歩圏のプラウドということで注目度の高かったプラウド東京八丁堀などの実績があります。

ランドスケープは南向き(南西向き)のブライトコートと東向きのエアリーコートの2棟構成です。
道路とは反対側を向いた開放感に欠けるエアリーコートのポジションはちょっと違和感があり、ブライトコートと直角の配置(南東向き)とすれば良かったような気がするのですが、そうすると中途半端な空地が残り駐車場が確保しづらくなるのかなぁ・・・。

総戸数86戸なので共用部は多くないですが、エントランスと一体となったコミュニティガーデン、オーナーズラウンジ&テラスと、この規模の物件としてはなかなか充実していますね。

前回のグランマークレジデンス

公式ホームページ
IMG_1875[1]
IMG_1877[1]
お部屋はエアリーコートの70平米の3LDK、東向き中住戸です。
東方向は戸建エリアですし、かなり奥行のある専用庭プランとなっているので、日照は南東~南方向からもそれなりに入ってきそうです。

間取り的には田の字ベースのプランで驚きはないですが、1つ1つ丁寧にポイントを抑えたプランとなっている印象です。

廊下は短めながらも洗面所は廊下からの動線と出来ていますし、柱もほぼ完全にアウトフレーム化されているので、居室形状も良好です。

また、驚きなのが洋室3の引き戸ですね。この引き戸は納戸の脇に収納出来るので、洋室3を違和感なくLDと一体的に利用できるわけですが、納戸の扉は驚いたことに引き戸が収納される側に開く設計です。つまり、引き戸を完全に収納した状態では納戸の存在が隠せるという(笑)。
別に隠すことを目的としているわけではないでしょうし、収納の扉は洋室3側にあってもよかったとは思うのですが、この仕様とっても面白いですね。
キッチンには1階住戸ならではの床下収納もありますね。

坪単価は209万円。先ほどのプラン同様にスパンのわりに開口部が小さめな設計がちょっと残念ではありますが、バランスの良い無駄の少ないプランので数字以上の手頃さを感じることができるでしょう。

設備仕様面は総戸数86戸ありながらもディスポーザーがついていないのは残念ですが、昨今、大手デベでディスポーザーを積極的に取り入れているのは地所(ザ・パークハウス)ぐらいですし、このぐらいの戸数でディスポーザーがないのは珍しくないですね。
食洗機は標準装備、また、この単価では水回りの天然石仕様はありませんが、浴室照明はダウンライトなのは良いですね。

管理費は193円/㎡。外廊下かつディスポーザーなしですが、機械式駐車場ですし、そこまでスケールメリットがあるわけでもないのでこんなものでしょう。
同じく外廊下かつディスポーザーなし、機械式駐車場だった隣のプラウド氷川台は総戸数26戸と規模が小さかったため、管理費は300円/㎡と高額でした。物件規模が管理費に与える影響が如実に表れている典型的なケースと言えるでしょう。

【オープンでも坪単価400万円】オープンレジデンシア目黒花房山4階70平米8,480万円【坪単価399万円】 | topページへ戻る | 【第1期で9割弱を即日完売】グランマークレジデンス79平米5,438万円【坪単価227万円】

このページのtopに戻る

コメント:

納戸を洋室に開かずLDに開くようにし、さらに引き戸に隠れる?設計はオモシロいですね。

このような細かなところにも気付かれる目には敬服致します。

コメントの編集

Re: タイトルなし

コメント有難うございます!
敬服とまで言っていただいて恐縮です。

この設計地味ですが、とても興味深いですよね。
マンションは立地が最も資産価値に影響を与えるとはいえ、同じ専有面積でも間取りによって無駄や使い勝手は千差万別でそれらを考慮すると1割以上資産価値が違ってくることも少なくないので、トレンドを加味しつつ細かな点も見逃さないことを意識するようにしてます。

今後もお気軽にコメントいただけましたら幸いです。
有難うございました!

コメントの編集

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る