top  >  【新築】横浜/川崎  >  【床暖ないんです】プラウドシティ新川崎2階70平米4,799万円【坪単価226万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【床暖ないんです】プラウドシティ新川崎2階70平米4,799万円【坪単価226万円】
2014-06-21

もう1件、プラウドシティ新川崎。

当物件の施工は三井住友建設と準大手ゼネコンを起用しており、ネームバリューは申し分ないのですが、直床で最大天井高2.4mという分譲マンションとしては最低水準のクオリティがかなり話題となっているようです。

ただ、最大天井高2.45m未満のマンションは最近はかなり頻繁に見られますし、最大天井高10cmほどの差なんて肉眼では判定不能だと思いますし、それよりも遥かに「下がり天井」や「サッシ高」の方が豊かな3次元空間のためには重要ですね(ここの下がり天井は普通の物件よりもやや良好な部類、2m程度のサッシ高はごくごく普通です)。

以前からコメントしているように、そもそも野村さんは3次元空間(というか専有部の構造クオリティ)を重視せず、緑豊かなラグジュアリー感のある共用部を売りとする傾向にあるデベなので、この路線はある意味既定路線であり、「三井住友建設ながら直床」という点以外はさして驚くに値しません。

そんなことよりもよっぽど驚きなのは床暖房がないことですね。
最近だとリヴァリエが床暖房がないことで話題になりましたが、コスパ的にここほど違和感はありませんでした。
「新価格」×「床暖なし」という流れは前回のプチバブル期に分譲されたビーコンタワーレジデンス(東雲キャナルコートのタワマンの中で最も平均分譲価格が高い)と同じで、個人的にもその時と同じ衝撃を受けましたね。
ちなみに、いずれもオール電化のマンションであり、それによる影響も大きいかとは思いますが、床暖はやはり非常に快適な設備だと思うので、電気式でもいいからあった方が良いと思うんですよね(もちろんオプションで付けることはできますが)。

前回のプラウドシティ新川崎

公式ホームページ
IMG_1931[1]
お部屋はカームレジデンスの70平米の3LDK、南東向き中住戸です。
カームレジデンスは敷地中央部の中庭を望むポジションでエアリーレジデンスとの距離も大分確保されているので、日照は問題なさそうです。

プラウドらしく共用部の豪華さと豊かな緑が売りの当物件ですが、中でもこの大きな中庭は魅力がありますね。敷地面積10,400㎡超の敷地で建築面積は5,000㎡弱と7階建の物件としてはかなり空地率が高いランドプランで、その豊かな敷地面積があるからこその大きな中庭なのは言うまでもないですが、敷地中央部にありながらも日当たりも良好なのがこのマンションの中庭の大きな特徴です。
一般的にマンションのガーデンは北側敷地への日影規制等の影響で敷地北側や敷地中央部(要するに敷地南側以外)、つまり、住棟の影となる位置に設計せざるを得ないことが多いのですが、当マンションは敷地に余裕があるゆえに、敷地中央付近とはいえ結構南北に長さのある中庭を設計でき、かつ、道路に面した部分もあり前建の影響が少ないので、圧迫感の少ない気持ち良さそうなガーデンを設計できています。

話がそれてしまいましたが、当間取りはオーソドックスな田の字ベースの間取りなので、特別語る必要はないでしょう。

専有面積に占める居室畳数割合は74.7%((12.6畳+3.3畳+6.5畳+5.0畳+5.0畳)×1.62㎡【※】÷70.22㎡)と限界に近い高水準です。洗面所をリビングインにして廊下を極力短くしているだけのことはありますね。
柱の影響もほどんどなく、居室の使い勝手は十分なのではないかと思います。
(【※】マンションの間取り図で一般的に用いられている1畳=1.62㎡)

坪単価は226万円。角住戸との単価差は小さく、昨今のトレンド通りののっぺりとした値付けなので、角住戸よりも割高感がありますが、前述の通り無駄の少ないプランであることは確かなので、洗面所のリビングインなどが気にならない方にとっては十分に検討対象となりえるお部屋でしょうか。

設備仕様面は当然水回り天然石などの高級感はありませんが、食洗機とディスポーザーはついていますし、ライン上に埋め込まれた浴室照明も良いですね。デザインとコストのバランスが良いせいか、このタイプ増えています。

管理費は171円/㎡。ディスポーザー付きですが、外廊下かつスケールメリットがあるためか比較的安価な設定となっているようです。
駐車場は122台と駅距離のせいもあって最近のマンションとしては設置率が高めですね。

【279戸を先着順販売】サンコリーヌタワー横須賀中央駅前83平米6,390万円【坪単価255万円】 | topページへ戻る | 【第1期での進捗率は約37%】プラウドシティ新川崎2階90平米6,399万円【坪単価235万円】

このページのtopに戻る

コメント:

低炭素認定なので

モモレジさん、こんばんは、T2です。

このマンションに床暖房がないのは、低炭素建築物の認定を受けるからかと思います。

http://www.proud-web.jp/mansion/pc-shinkawasaki/qa/column_02.html

床暖房を付けると、それだけで一次エネルギーの消費量が増えるとみなされるので、低炭素建築物の認定を取得するには事実上、床暖房を付けられないようです。両国の物件がそうですし、刈谷のライオンズマンションもそうだったかと思います。

床暖房がなくても暖かい家、と思うしかなさそうですね。

コメントの編集

Re: 低炭素認定なので

いつもコメント有難うございます!

おっしゃる通り当物件は低炭素認定を受けているのでその影響もあるとは思いますが、プラウド両国は低炭素認定を受けていますが床暖房ついてますよね???

私は低炭素認定を受ける要件について詳しくないですが、要するに基準より10%以上のエネルギー削減効果が認められれば良いわけで、床暖房のあるなしはその中の1つの要素に過ぎないのでは???
コスト削減により床暖房を導入しなかったことの言い訳に過ぎないのではと思わざるを得ません・・・。

コメントの編集

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る