top  >  【新築】港/中央/千代田  >  【89と84平米のみ】アスコットパーク東京リバーサイド10階89平米9,180万円【坪単価340万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【89と84平米のみ】アスコットパーク東京リバーサイド10階89平米9,180万円【坪単価340万円】
2014-07-20

アスコットパーク東京リバーサイド。

八丁堀駅徒歩2分、茅場町駅徒歩6分、東京駅までも徒歩15分という利便性の高い立地ではありますが、この辺りは近年次々と小規模マンションが分譲されますし、ここは10階建総戸数18戸と中でも小規模です。

ただ、もの凄く個性をもった物件となっており、アスコットらしさをいかんなく発揮している物件と言って良いでしょう。
アスコットはアスコットパーク日本橋人形町アトリエ(全戸天井高3m超)やイオリス(グローバルエルシードとのJV)でもこのような1フロア2戸の同規模物件を企画しており、十八番とも言っても過言ではないタイプなのですが、当物件は89㎡と84㎡の1フロア2戸というのが凄いですね。

中央区のこの辺りのエリアはどうしても都心近接・交通利便性がクローズアップされやすく、かつ、建物が密集しているエリアが多いため日照に難がある立地が多いので、1LDKや2LDKのプランが主流です(3LDKだったとしても70平米未満だったりすることも少なくないです)。

昨今はその傾向の裏をかいて80平米前後の3LDKを企画する物件も見られるようになってきましたが、1フロア2戸で89㎡と84㎡とはおそれいりましたという感じです。

施工は松井建設です。しっかりと二重床二重天井になっていますし、センターインの内廊下設計、小坂竜氏がデザインした光による演出がとりわけ素敵なエントランスも見所十分です。

アスコットはお近くのグラディス東京イースト(マリモとのJV)では橋本夕紀夫氏を起用し金箔を用いたエントランスに驚かされましたが、こちらも負けず劣らずインパクトがありますね。

公式ホームページ
IMG_2125[1]
お部屋は89平米の3LDK、西角住戸です。日照は西日が主体となりますが、亀島川に隣接したポジションは開放感抜群です。

間取り的には89㎡という数字的なゆとりはもちろんのこと、玄関がセンターインゆえに効率的な廊下配置ができているので、無駄な面積が少ないのも好印象です。センターインの三方角住戸はPP分離もしやすいのが特長ですね。

洋室3の引き戸はわりと大きく開け放つことができるタイプでLDと一体的に利用するとオープンタイプのキッチンも含め26畳超もの大空間が実現します。90平米近い専有面積があるからこそ成せる技です。

また、グラディス東京イースト同様にバルコニーが標準仕様で木調デッキ、そしてフラットサッシュ(LDとバルコニーの間に段差がない)が採用されているので、天気が良い日にはバルコニーもLDの一部のような感覚で利用することが可能でとても心地良いでしょうね。
バルコニーは奥行約2m、さらにストレージ(これは専有面積に含まれています)までついた気の利いた仕様です。本当に素晴らしい!

坪単価は340万円。規模感・ブランド感に欠けることを考えると勇気の必要な単価帯・価格帯ではありますが、これ以上ないぐらい差別化が図られたお見事な物件だと思いますね。アスコット物件はこの辺りのエリアが多く、物件数自体が少ないですが、もっとたくさんの物件を見てみたい気持ちにさせてくれます。
ちなみに低層階だと坪単価300万円ちょっとですね。

設備仕様面は小規模ゆえにディスポーザーはないのは仕方ないとしても食洗機はなく、グラディス同様に低炭素認定を受けるために床暖房をはずしています(低炭素認定を受けていても床暖房がついている物件はあります。はずすことで他で頑張らなくとも受けやすくなるというだけです。)。
水回りに天然石天板を用いるなどデザイン面も含め高級感はあるんですけどね。

管理費は196円/㎡。総戸数18戸でスケールメリット皆無、かつ、内廊下なのに驚きの安さ・・・。駐車場はありませんが駐輪場は41台もあり、そのうち5台分は個別平置自転車置場という月額2,500円のブルジョワ区画です(笑)。

【始発駅駅徒歩2分×南面良好】グランスイート西馬込6階75平米7,000万円【坪単価308万円】 | topページへ戻る | 【いよいよ1LDKの販売です】ミッドレジデンス文京2階42平米3,460万円【坪単価273万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る