top  >  【新築】豊島/板橋/練馬  >  【内廊下には恰好のフロアプランなのに】ブランズ駒込六義園10階56平米5,298万円【坪単価314万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【内廊下には恰好のフロアプランなのに】ブランズ駒込六義園10階56平米5,298万円【坪単価314万円】
2014-08-01

もう1件、ブランズ駒込六義園。

施工はイチケンです。ネームバリューがあるとは言えない施工会社ですが、近年はモリモトのディアナコートシリーズやザ・サンメゾン二番町エルドなどの高級物件の施工も担当しています。大手デベのブランド物件には欠けますが、ゼネコンの人手不足が顕著な中、着実に実績を積み重ねている印象を受けます。

施工会社の技術云々とは関係ないと思いますが、当物件は最大天井高2.5~2.65mと昨今の物件としては上々のパフォーマンスとなっていますし、前回の記事で書いた通り2.2m確保されたサッシ高や南西面の逆梁カウンターの出ていない逆梁工法(北東面も逆梁ですが、こちらはカウンター有)も素晴らしいです。

デザイン面は規模的に派手な演出はないものの白系を基調としたシンプルな外観デザインは非常に端正な印象でエントランス周りの緑との相性が抜群に良いですね。
エントランス柱及びエントランスホールに設けられる壁面緑化も素敵です。

全方位に住戸が設計され、フロア中央部に共用廊下が配置されたランドプランであるにもかかわらず外廊下設計というのはかなり残念ではありますが・・・。
全戸角住戸な上に吹抜まで設計されたマンションなので、どの部屋も共用廊下側に面した開口部は一切ないわけで(造らなくとも十分に開口部が確保できている)、内廊下マンションにとってベストと言える条件がそろっているだけに余計に残念です。

前回のブランズ駒込六義園

公式ホームページ
IMG_2211[1]
お部屋は56平米の2LDK、北角住戸です。当マンションは3LDK中心でファミリーをメインターゲットにしていると思われますが、このようなディンクス向けのタイプも存在します。まぁ、交通利便性の高い立地ですから当然でしょうね。
むしろ、2LDKと3LDKが半々でもおかしくなかったぐらいですが、昨今の相場高の中では2LDK需要は3LDKほどではないのでしょうね(3LDKは基本的にファミリーが購入するわけで、数年内にマンションを買うことを決めている家族の場合、今後の五輪による不動産相場への影響を加味すると今買わなければという圧力が働きやすい。その一方でディンクスはファミリーに比べ気楽かつ身軽な立場であることが多いので、今は不動産が高いので別に急ぐ必要はないかなとなりがち。)。

間取り的には56平米のわりには廊下による面積消費がそこそこありますが、角住戸なのでこの程度は致し方ない範囲だと思いますし、玄関周りのプライバシー面は申し分ありません。

前述の通り北東面は逆梁カウンターがありますし、LD角には柱も出ているのでLDは10畳超の畳数ほどの使い勝手はないとは思いますが、上層階で視界的には悪くないですし、角部屋らしい開放感はまずまず感じることが出来そうです。

収納がちょっと心許ない感じです。角住戸で廊下による面積消費があることを考えると、2LDKでももう2~3㎡広いと良かったのではないでしょうか。

坪単価は314万円。日照は朝夕の短時間のみですが、上階かつ本郷通りの影響も少ない向きということもあり、そこそこの単価設定となっています。
ここよりも駅近だったリビオレゾン駒込六義園プライムゲートレジデンスと比べて都心不動産相場の上昇分そのままに高くなっている感じでしょうか。

ただ、設備仕様面は少戸数のためディスポーザーはないものの食洗機に水回り天然石天板と単価なりの高級感があります。ブランズ文京茗荷谷同様にスマートインターフォンも採用されています。

管理費は309円/㎡。スケールメリットに欠けるとは言え、ディスポーザーもなく外廊下にしてはかなり高めの設定です。エントランスの壁面緑化に伴う植栽管理費などが影響しているのでしょうか。

【深川ギャザリア徒歩1分】プラウド木場13階76平米6,238万円【坪単価272万円】 | topページへ戻る | 【六義園は見えずも山手線徒歩5分】ブランズ駒込六義園3階70平米6,368万円【坪単価300万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る