top  >  【中古】新宿/文京/中野  >  【メガストラクチャーによる3.1mの天井高】プラウド本郷弓町7階50平米5,980万円【坪単価392万円】

当サイト内検索    (累計2600棟5700室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)


当サイト内検索    (累計2600棟5700室)



【メガストラクチャーによる3.1mの天井高】プラウド本郷弓町7階50平米5,980万円【坪単価392万円】
2014-08-20

プラウド本郷弓町。

本郷三丁目駅及び春日駅徒歩6分、水道橋駅徒歩7分(三田線は徒歩4分)の12階建総戸数31戸のレジデンスです。この物件の周辺はちょっとしたプラウド街となっており、その中でも小さめな物件なのですが、実は強烈な特長を持っています。

メガストラクチャー構造という手法が採用されており、建物を支える5本の「メガ柱」(もちろん柱はもっとありますが、メガ柱という強度の高いものが5本ということ)と低層・中層・高層の3層に設定された「メガ梁」を十字型に張り巡らすことで、それ以外の柱や梁を細くすることを可能とし高い天井高とハイサッシの空間を実現しています。

昨今の建築コスト高が顕著な状況ではこのようなマンションが造られることはまずないでしょうし、大手デベの中でも3次元空間を軽視しがちな野村プラウドによる物件であることが余計に希少性を感じさせてくれます。

当物件の分譲時点において近隣にはTWFS構法を採用しスパン目一杯に開口部を確保した本郷パークハウスザ・プレミアフォートという存在が既にあったので、そういった面も影響したかとは思いますが、当物件のような小規模物件でこのような贅沢な構法が採用されるというのはとにかくすごいことです。
この構法を採用したことで外観デザインも透明感のある非常に素敵なものに仕上がっていますし、素晴らしいの一言です。

設計は日建ハウジングシステム、施工は野村建設工業。
やっぱり日建ハウジングシステムはすごいです・・・。デザイン面で日建ハウジングシステムを起用した物件は増えていますが、こういった設計面で日建ハウジングシステムらしいオリジナリティあふれるものをもっと見たいですよね。

ちなみに、これよりも規模的にかなり大きな物件で採用されている構法にはなりますが、当サイトでも再三取り上げている三井住友建設のSulatto3も主要部にグリッド状の強度の高い柱・梁を配置することで梁の影響を少なくしハイサッシを実現する似た手法ですね。

IMG_2589[1]
お部屋は50平米の2LDK、北西角住戸です。2LDKとしては少々狭く、登記面積では50平米を切ってしまうので住宅ローン控除が使えないのがつらいところですが、前述のメガストラクチャー構造の恩恵をフルに享受できていると言っても過言ではない素晴らしい3次元構造を持ったお部屋です。

7階と8階の間は3層ある「メガ梁」フロアのうちの1層にあたり、メガ梁の影響を回避すべく7階と11階は通常階よりも階高を確保しているという贅沢な設計となっているのです。全体として標準以上の3次元パフォーマンスを実現するために特定の階の階高を犠牲にするのではなく、特定の階には通常階以上のパフォーマンスを採用するというのが昨今の建築コスト高の状況ではちょっと考えられない配慮ですよね。ほんと感動ものです(泣)。

最大3.1mの天井高となる当フロアはタイプによってはロフト空間なども採用し、非常にプレミア感のあるものとなっています。最近分譲されたディアナコート本郷弓町も13階建にとどめることで惜しみなく階高を確保した贅沢感のある構造でしたが、ここと比べるとちょっと霞んでしまうくらいこの物件はすごい構造ですね。

当タイプは50平米の2LDKということで無駄を排除し洋室2室がリビングインとなっていますし、太いメガ柱の影響で洋室2の形状も良いとは言えませんが、この希少性のある3次元空間は一見の価値があります。

坪単価は392万円。近隣物件の相場と比較して高いとは思いますが、前述の通り当物件の中でも貴重なタイプとなり、とりわけ希少性のあるお部屋となりますのでこの単価に驚きはありません。

このマンションの基本データ
【築年】2010年
【管理費/㎡】367円⇒スケールメリットは皆無でしかも内廊下設計が採用されていることを考えれば妥当な水準です。
【修繕積立金/㎡】145円



【震災前ながらこの規模で免震構造】パークハウス三番町6階84平米11,500万円【坪単価451万円】 | topページへ戻る | 2014年7月の首都圏マンション販売戸数

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る