top  >  【新築】豊島/板橋/練馬  >  【ハイサッシ2.4m】ブリリアときわ台ソライエレジデンス13階67平米4,680万円【坪単価229万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【ハイサッシ2.4m】ブリリアときわ台ソライエレジデンス13階67平米4,680万円【坪単価229万円】
2014-09-08

もう1件、ブリリアときわ台ソライエレジデンス。

当物件もいよいよ来月には竣工ですね。総戸数329戸と結構な規模感がありますし、価格もけして安いとは言い難いこともあり竣工前の完売は難しそうですが、無難な売れ行きのようですね。
このエリアでは長年にわたり常盤台ガーデンソサエティが坪単価約250万円(平均専有面積が80平米近かったためグロスではもっと高く感じたであろう物件です。)で売りづけてられていたため、高価格が少なからずこのエリアに浸透しましたし、東京建物と東武鉄道にとってはスミフ様々なのでないでしょうか。

総戸数419戸の常盤台ガーデンソサエティほどのラグジュアリー感はないにしろブリリア有明スカイタワーでもJVを行った両社は豪華な共用施設のノウハウは十分以上にあるわけで、ラウンジ、パーティールーム、ライブラリーなどの一般的なものからスカイガーデンやドッグランなどの大規模物件ならではの施設があるのも大きなポイントの1つです。

余談ですが、そのブリリア有明スカイタワーでは管理組合と東京建物不動産販売(東京建物グループの仲介会社)が合同でマンションサイトを開設したようですね。
簡単に言うと住民が主導でマンション情報を発信することでマンションの資産価値を向上させようという取組みです。
(ちなみにお兄さん物件のブリリアマーレ有明はもっと前から同様のサイトを公開しています。)

利害関係者(住民)が発信する情報ですので基本的には悪いことは書かれないでしょうし、中古での購入検討者にとっては一長一短ではあるのでしょうが、こういった取組が行われること自体がマンションの資産価値、維持修繕、そして防災面などに意識の高い住民が多いことの証明であり、そういったマンションの評価が高くなるのは当然でしょうね。

ここも規模的にそういった取組みが行われる可能性もあるのではないでしょうか。

前回のブリリアときわ台ソライエレジデンス

公式ホームページ
IMG_2746[1]
お部屋はやはりW棟の67平米の3LDK、南向き中住戸です。上階で日照だけでなく眺望も享受できるタイプです。

SuKKiT3のグリッドフレーム部分で逆梁となるためバルコニー手摺を透明にできず、室内からの眺望はダイナミックにはなりませんが、2.4mのハイサッシは採光抜群で室内も非常に明るいのは間違いないでしょう。

間取り的には67平米ということでいわゆる狭小3LDKであり、収納が少なめな印象は否めませんし、4畳のお部屋があるなど居室畳数も多いとは言えませんが、洗面所はリビングインではなくしっかりと廊下からの動線となっていますし、玄関前にオープンポーチが設けられているのも好感が持てます。
洋室2はメーターボックスとの関係上、非常に窓が小さくなぜに3LDKと言えているのかちょっと疑問ですが(2LDK+Sではないの???)。

坪単価は229万円。先ほどの低層角住戸よりも幾分安い設定です。当物件は1フロアの住戸数が多く大規模物件らしく角住戸率が低いため、角住戸が中住戸に比べ相応に高い設定となっていますね。昨今は相場高の影響もあり物件によっては角住戸と中住戸で単価差がほとんどないケースも散見されますが、この物件においてそれが当てはまらないのは必然でしょう。

設備仕様面はこの規模がありながらディスポーザーがないのは残念ですが、食洗機やミストサウナはついています。まぁ、ディスポーザーはブリリア横濱鶴ヶ峰でも採用されていた自己完結型のものをつけようと思えばつけられますし、建築コスト上昇のこのご時世は仕方ないのかな。

管理費は139円/㎡。外廊下ですし、この規模でディスポーザーがないだけあってかなり安価な水準です。コンシェルジュサービスとこれだけの共用施設がありながらこの単価というのは魅力的ですね。駐車場全193台が平置で維持修繕コストが少なくて済むのも大きいでしょう。

【苦しい敷地形状】グランドメゾン新宿弁天町70米8,150万円【坪単価383万円】 | topページへ戻る | 【SuKKiT3搭載】ブリリアときわ台ソライエレジデンス3階75平米5,328万円【坪単価234万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る