top  >  【新築】横浜/川崎  >  【プラウドと立地条件が酷似】ブランズ溝の口レジデンス12階70平米6,210万円【坪単価293万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【プラウドと立地条件が酷似】ブランズ溝の口レジデンス12階70平米6,210万円【坪単価293万円】
2014-09-23

ブランズ溝の口レジデンス。

ほぼ同じ駅距離の先行物件ブランズ溝の口は駅南の久本2丁目でしたが、こちらはあっと言う間に完売したプラウド溝の口のすぐ近くということでより注目度が高いですね。

プラウドよりも駅にやや近い駅徒歩5分(武蔵溝の口は徒歩4分)の14階建総戸数50戸のレジデンスです。プラウドは15階建総戸数42戸と似たような規模でしたし、敷地形状がやや歪である点、南東側の道路が計画道路一部となっているのも同様です(プラウドとは違い15階建ではなく14階建にしている点は評価できますね。)。

そのため、プラウド同様に建物は道路面からかなりセットバックされた位置に建てられていますし、敷地面積約940㎡に対して建築面積はわずか410㎡ほどと空地率の高い設計となっているのも同じです。

設計デザイン面には三井物件のパークホームズなどでも実績のあるエーエーサンドサン一級建築士事務所が起用され、プラウドと互角以上の佇まいとなっている印象です。
ただ、問題は間取りでしょうね・・・。

公式ホームページ
IMG_2864[1]
お部屋は70平米の3LDK、南東角住戸です。次の記事で詳しく書こうと思いますが、間取りというのはバルコニー側の幅があれば良いというものではありません。
いくらバルコニー側のスパンがあり、開口部が充実していても玄関側の幅が狭いと廊下が長くなったり、洋室の独立性が確保しづらかったりということが往々にしてあります。

当タイプは角住戸ですし、洋室の独立性自体は申し分ありませんが、4.3畳の洋室3の形状はかなりきついですし(引き戸になっているとはいえ、これベッド置けます???)、LDの入口付近のデッドスペースを加味すると廊下による面積消費はかなりのものです。

プラウド溝の口がプラウドにしては珍しくハイサッシ(約2.24m)を採用したため、こちらも同様に逆梁工法を採用し約2.2mのハイサッシ(掃き出し窓部分)を採用しているのは良いですが、LDにはFIXサッシが採用されているがゆえにその下部にはカウンター(梁)が存在しています。

ブランズは順梁が主流ですし、それなりの高額物件でも下がり天井が強烈なものが多いので、ここが逆梁工法を採用し、かつ、珍しくハイサッシを採用を採用しているのはプラウドの影響というかそもそもは地場デベである末永組の存在があってこそのものでそれ自体はそれなりに評価してよいと思うのですが、70平米という面積の小さい角部屋にこのような設計をしてしまうと手狭感が強いですね・・・。キッチンは3.8畳と広いですし畳数の数字からはそこまで狭い印象はありませんが、当然カウンターは畳数に入っていますし、明らか収納に割いている面積が小さいですよね。

坪単価は293万円。上階の条件の良いお部屋とはいえ、都内のそこそこの立地と互角の水準ですから内容やブランドを抜きにしてもプラウドのようにすぐに売れないのは当然と言わざるを得ません。もうひと工夫でかなり印象の変わる間取りという感じで、それ次第では単価の印象も変わるんでしょうけれども。

【2LDKが1プランぐらいあっても良かった???】ブランズ溝の口レジデンス3階67平米5,190万円【坪単価256万円】 | topページへ戻る | 【帰ってきたサーラ】リュエルサーラ中野中央1階64平米5,930万円【坪単価306万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る