【西向きと南向きのグロス差が大きい】クリオ富士見台ガーデンテラス63平米4,479万円【坪単価235万円】

もう1件、クリオ富士見台ガーデンテラス。

施工は丸彦渡辺建設、設計はアイエイチエスアーキテクツです。すみませんが、どちらも聞いたことがありませんでした(汗)。
丸彦渡辺建設はマンションの施工実績もそこそこある歴史ある会社のようですが、本社が北海道にある会社で首都圏での施工実績はあまり多くないようですね。

デザイン面は特筆すべき高級感があるとは言えませんが、前回の記事で書いたように緑の使い方がうまいと思いますし、インターロッキング敷のエントランス周りやシンプルながらも飽きのこなそうな外観デザインはなかなか良いのではないでしょうか。

前回のクリオ富士見台ガーデンテラス

公式ホームページ
IMG_0020[1]
お部屋は63平米の3LDK、西向き中住戸です。日照は西日が中心とはなりますが、西側は戸建住宅街なので前建の圧迫感はないですし、中層階以上では視界的にも抜けてきます。

間取り的には63平米の3LDKということで先ほどの80平米の3LDKとはうってかわって気持ちがいいほどのグロス価格下げ戦略を実施しバランスをとっているわけですが、専有面積が狭いがゆえの工夫も数多く見られるのは良いでしょう。

まず、柱の影響が非常に少ないですね。バルコニー側はもちろんのこと共用外廊下側もほぼアウトフレーム化されており全体的に居室形状が非常にきれいです。その上、洋室はいずれも5畳以上を確保していますし、LDもなんとか二桁(10畳)にのせているので畳数からは明らかに狭い印象はありません。

やはりこの専有面積では洗面所はリビングインにはなってしまいますが、収納はそこまで少ないわけではありませんし(中途半端にウォークインなどを採用するよりはデッドスペースの生じにくいこのような普通のタイプの方がむしろ収納力があります。)、63平米なりの努力がしっかりとなされているわけです。

坪単価は235万円。西向きということで南向きに比べ1割弱ほど単価が抑えられており、専有面積が小さい分、南向きとのグロス差はかなり大きなものとなっています。

グロスは4,000万円台半ばとあくまで「3LDK」として考えればかなり手頃感があるわけですが、設備仕様面は食洗機の他、水回り天板は天然石仕様となっているなど6,000万円超のお部屋を意識したグレードとなっているので4,000万円台のお部屋からするとちょっと嬉しいですね。まぁ、比較対象となるクラッシィハウス練馬富士見台も天然石天板が採用されていた影響もあるのかもしれませんが・・・。
ダウンライトではなくブラケットタイプの浴室照明はちょっと残念です。

0 Comments



Post a comment