top  >  【新築】江東/台東/墨田  >  【オープン史上最も素敵なデザイン???】オープンレジデンシア亀戸9階33平米2,748万円【坪単価276万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【オープン史上最も素敵なデザイン???】オープンレジデンシア亀戸9階33平米2,748万円【坪単価276万円】
2014-10-01

もう1件、オープンレジデンシア亀戸。

施工は多田建設、設計は長谷建築設計事務所です。
先日のオープンレジデンシア高輪台の記事で書いたように長谷建築設計事務所はオープンハウスの物件の中でもわりと目玉的な物件で起用されてきたわけですが、ここでも起用されるとはちょっと驚きました。

でもデザインを見て納得!この物件のデザインは完全な主観にはなりますが、オープン史上最高傑作だと思います。高額都心物件を数多く分譲してきたにも関わらず亀戸でナンバーワンというのはオープンハウスさんからすると不本意?かもしれませんが、分譲実績に乏しい立地の分譲であるがゆえにデザイン面にも力を入れてきたのではないでしょうか。
特にエントランスホールはこの規模の物件としてはかなり立派なものとなっている印象で素敵なデザインですね。

前回のオープンレジデンシア亀戸

公式ホームページ
IMG_2929[1]
お部屋は33平米の1LDK、南向き中住戸です。

1LDKとはいっても33平米しかないのでLDKでも10畳未満、洋室はわずか3.6畳という広さしかありませんが、引き戸を開け放つと違和感なく1つの空間として使える柔軟性があるのが良いですね。

当物件の中住戸は両隣の角住戸に比べ窪んだポジションに設計されており、バルコニーと吹抜は結構な奥行があります。そのため、この部分を全てバルコニーとしてしまうと室内まで日照が入りづらくなりますし、採光面にも難があるので半分を吹抜にしたのだと思いますが、そもそもなぜこんなに窪ませたのでしょうね???
両隣と同じ位置にして全面をバルコニーにしてはだめだったのかな???
さらに言えばせっかくの公園ビューなので「逆梁」ではなく「順梁」にしてバルコニー手摺をガラス手摺にした方が良かったのではないかと思います。
逆梁としたことで外観デザイン的には重厚感が出て高級感が増している印象はありますけどね。

坪単価は276万円。上階ですし、グロスをあまり考慮する必要のない30平米台前半のお部屋ということで単価は3LDKに比べ強気な設定ですね。私がデベでもそうするでしょう(汗)。

設備仕様は、驚いたことにこちらもオープンレジデンシア高輪台と同様にオープンハウス最高グレードです。少戸数のためディスポーザーはありませんが、食洗機、ミストサウナ、キッチン天然石天板、食器棚(バックカウンター)と充実したものとなっています。
もともと物件によって設備仕様のグレードを細かに調整するようなデベではありませんし、今後はこういった高グレード戦略をとっていくということなのかもしれませんね。

管理費は211円/㎡。外廊下かつディスポーザーなしですが、スケールメリットがないことを考えれば悪くない水準です。管理形態はやはり「通勤」ではなく「巡回」ですけどね。

【駅距離はあるけれど】プレミスト井荻4階70平米5,090万円【坪単価240万円】 | topページへ戻る | 【オープンハウス物件なのに好立地】オープンレジデンシア亀戸5階62平米4,538万円【坪単価241万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る