top  >  【新築】渋谷/目黒  >  【ここもディアナコート】ディアナコート学芸大学レジデンス5階84平米10,200万円【坪単価402万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【ここもディアナコート】ディアナコート学芸大学レジデンス5階84平米10,200万円【坪単価402万円】
2014-11-03

ディアナコート学芸大学レジデンス。

学芸大学駅徒歩12分、武蔵小山駅徒歩14分の5階建総戸数43戸のレジデンスです。
一応は大通りには面していないポジションではありますが、駅距離はかなりありますし、特別な高級感があるような立地条件ではないので、ここでも「ディアナコート」なんだ・・・と思われる方も少なくないのではないでしょうか。

どの物件ももちろんそれなりの立地ではあるのですが、あまりにもディアナばっかりなので、いつからモリモトはディアナ単独ブランドのデベロッパーになったのかと思うぐらいです(笑)。

最近のディアナはここに限らずLDのビルトインエアコンなども採用していないですし、一昔前のピアースとさして変わらないグレード感ですので、ブランドを安売りしている感が強く残念なのですが、最近は大手もこぞってコストダウン傾向にあるので、元々大手よりグレード感の高かったモリモト物件はなんだかんだいって今も大手よりはグレード感があるのは確かなんですよね。

ここはよりによって目先の対抗馬がシティハウス目黒学芸大学ということでスミフ物件なので余計にここのグレード感が際立ちますよね・・・。

公式ホームページ
IMG_3232[1]
お部屋は84平米の3LDK、南西角住戸です。最も大通りに近いポジションとなりはしますが、西側には高さのあるマンションがあるゆえに騒音は遮ってくれそうですし、その一方で最上階なので南面条件は良好です。

間取り的にはFIXサッシを採用したタイプということもあり、バルコニーがかなり小さいのは残念なのですが、モリモトらしい開口部を重視した魅力あるタイプです。
南面には逆梁工法が採用されているため、LDの南側には逆梁カウンターがありますが、幅は狭いので面積消費はそれほどでもありませんし、逆梁ゆえに約2.3mのハイサッシが採用できているわけですからね。

柱の影響は全体として少なめですし、居室形状も上々なのですが、LDの形はやや気になりますね。このような形は特別珍しいわけではありませんし、ダイニングスペースとリビングスペースを分けることを考えればベストな形とも言えるわけですが、LDKで20.8畳ということでLDだけだとけしてゆとりがあるわけではなく、キッチン側のダイニングスペースがそれなりの畳数を消費しているので角のリビングスペースは結構狭いのかなと・・・。
億ションとしてはちょっと寂しい感じがしちゃうんですよね。モデルルームは隣の洋室の扉を透明な引き戸にして広がりを出しているので、問題ないのですが、純粋な「3LDK」としてみた場合にはちょっと心配な面もあります。

また1620の浴室はゆとりがあって良いですが、収納は専有面積のわりにやや少なめな印象です。

坪単価は402万円。最上階の南の角住戸ということでこのご時世このぐらいの設定となるのは仕方ないことなのだと思いますが、億ションという意味では前述のようにどうしてもやや物足りなさが出てしまいますね。

【このランドプランで外廊下】ディアナコート学芸大学レジデンス2階70平米6,950万円【坪単価327万円】 | topページへ戻る | 【すごく現実的な物件】ザ・パークハウス成城彩景1階68平米6,498万円【坪単価314万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る