top  >  【新築】東京都下  >  【管理費はやや高めですが各階ゴミステーション付】アトラスタワー町田3階69平米4,598万円【坪単価220万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【管理費はやや高めですが各階ゴミステーション付】アトラスタワー町田3階69平米4,598万円【坪単価220万円】
2014-12-03

もう1件、アトラスタワー町田。

施工は戸田建設で制震構造が採用されています。最近の代表作は山手線内最高層の分譲タワーレジデンス富久クロスでしょう。スーゼネほどの実績こそありませんが、同じ旭化成のアトラスタワー西新宿なども施工していますしタワマンの施工実績は十分です。

当物件は22階建の総戸数155戸とタワマンにしてはかなり規模が小さい物件であるため派手な共用施設などはありませんが、1~2階には大きめの店舗スペースが確保されていますし、ペデストリアンデッキ直結物件特有の複数エントランスが利便性を高めます。ペデストリアンデッキ直結の2階エントランスの他、1階にも2層吹抜のグランドエントランスなど2方向にエントランスが存在しています。
また、各階に防災倉庫とゴミステーションがあるのも嬉しいですね。管理費などを安くするためここ以上の価格帯のタワマンでも各階ゴミステーションを削るケースは珍しくないので。

外観デザインも格子上のラインが美しく町田駅のランドマークレジデンスとなりえる垢抜けた佇まいではないでしょうか。
前回の記事で書いたように下から上まで外観デザインを統一しているがために南西側の開口部が中層階以上でも小さいのが非常に残念ではあるのですが・・・。

前回のアトラスタワー町田

公式ホームページ
IMG_3483[1]
お部屋は70平米弱の3LDK、南東向き中住戸です。南東側にあるエルムビルの影響が不可避な低層階ポジションなので条件が良いとは言えませんが、そのせいもあってか当物件は全戸ワイドスパン設計となっています。

専有部の形状は同じく外廊下で比較的ワイドスパン住戸が中心だったパークタワー東雲を彷彿させるもので、洋室2室がリビングの両脇、残りの1室が外廊下側というプランです。内廊下物件だとこれだけスパンがあっても全室に開口部を作ることは不可能ですが、外廊下物件であれば無理なく開口部が設計できるというわけです。

玄関廊下はプライバシー面の配慮がありつつも非常にコンパクトにできていますし、外廊下側に居室が作れることでLDとは独立した位置に洋室が設けられるのもこういった物件の大きな特長となります。内廊下物件の場合、内側に設けられる行灯部屋は「3LDK」と表示したいがために(建築基準法上、居室と認められるためには窓のある居室に一定条件で隣接する必要があります)LDと引き戸で隣接させなければならないのでLDから独立した位置にあることはまずありえないのです。まぁ、そもそも独立した位置に真っ暗な部屋があったら嫌ですけどね。

専有面積に占める居室畳数割合は70.7%((12.7畳+6.8畳+5.7畳+5.0畳)×1.62㎡【※】÷69.18㎡)と予想外に低かったです。この廊下の長さで収納もごくごく普通なので72%は越えると思ってました・・・。これでも3LDKとしてファミリーでも使えるとは思いますが、LDK12.7畳表記でキッチンがかなりゆとりあるタイプなのでLDがかなり狭そうな点は注意が必要でしょうね。
(【※】マンションの間取り図で一般的に用いられている1畳=1.62㎡)

坪単価は220万円。低層階で日照条件等が悪いため普通の町田駅近物件と大差ない水準です。

設備仕様面は食洗機にディスポーザー、キッチン天板にエンジニアドストーン、トイレ手洗いカウンターとそれなりのものにはなっています。浴室照明がダウンライトではなくブラケットタイプなのは残念です。

管理費は312円/㎡。外廊下かつディスポーザー付にしては高いですが、前述のようにこの規模のタワマンで各階ゴミステーションを設置している点も少なからず影響しているものと思われます。
駐車場は全62台で身障者用1台を除き機械式です。タワマンですので機械式で仕方ないでしょうね。

【プラウドシティ蒲田の後発ゆえに】ザ・レジデンス蒲田アイリスコート2階63平米4,890万円【坪単価258万円】 | topページへ戻る | 【17年ぶりの町田タワマン】アトラスタワー町田15階82平米6,698万円【坪単価271万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る