top  >  【新築】新宿/文京/中野  >  【実需はどこまで】ザ・パークハウス西新宿タワー60 10階36平米3,500万円台(予定)【坪単価約324万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【実需はどこまで】ザ・パークハウス西新宿タワー60 10階36平米3,500万円台(予定)【坪単価約324万円】
2014-12-24

もう1件、ザ・パークハウス西新宿タワー60でいっちゃいましょう!

当物件は昨今のマンション高の影響よりも幾分安い価格設定となる見込ですが、そうなった最も大きな要因の1つは供給過剰懸念ではないでしょうか。
既に西新宿エリアには賃貸分譲問わず数多くのタワマンが存在していますし、当物件隣接地にはスミフさんなどが行う3つの再開発が控えており、後発物件が続々登場することが確実という様相です。

再開発案件の中にスミフ物件があるということで価格上昇期待もあるかと思いますが、事はそう単純ではなく、当物件の場合、今後の再開発により北向き及び南向き住戸の眺望への影響が少なくないというマイナス面もあります。

当物件は日本最高階数の分譲マンションということで全国、そして海外からのモデルルーム来場者も多いようですし、とにかく話題性のある物件となっていますので、年内に第1期があってもおかしくないぐらいかと思っていましたが、現状で第1期は2月上旬予定と大分溜めるようですね。

話題性があり人気になるのであれば購入者にとってもちろん良いことではあるのですが、土地柄的にも地方富裕層や海外富裕層の投資目的での購入が多くなりそうな点に一抹の不安を感じるのも確かです。
当マンションはマンション名が決まる前は「西新宿ホームタウンプロジェクト」と名付けられていたぐらいで「西新宿に住む」、つまり、実需の方をできるだけ多くターゲットにしたいと考えているようですが、現状はあまりうまく行っていないような印象を受けます。
相続税対策としてタワマン節税が巷では大流行していますしね・・・。

前回までのザ・パークハウス西新宿タワー60

公式ホームページ
IMG_3609[1]
お部屋は35平米の1DK、北向き中住戸です。まさに投資目的での購入者が群がりそうなプランです。

専有面積のわりには意外なほどスパンが確保されている点は良いのですが、この専有面積で真ん中に柱が丸々一本混入している意味が分かりません(笑)。このプランに限らず当マンションはほぼ全てのタイプの中心部に柱が必ずと言っていいほど入っているので、もう逃げようがないわけですが、やはり残念です。
この柱がなければLDの形はかなり良かったですし、空間的な広がりも全然違っただろうになぁ・・・。

スパンのわりには開口部が小さいのも残念です。前方の柱と被ってしまってもいいから開口部を大きくして欲しかったですね。柱があっても開口部が大きければ採光面はかなり良くなるので。

ちなみに、当物件はオール電化ですが、貯湯タンクは勝どきザ・タワーと違って内廊下部分にあります。
ただ、驚いたことに勝どきザ・タワー同様に専有面積に含まれております・・・。共用廊下にあるので当然に含まれていないと思っていたのですが、含まれているとは・・・。読者の方からご指摘いただくまで気づきませんでした(有難うございました。)。

当タイプはむろん当マンションの標準グレードであるコンフォートグレードですが、それでもLDにはビルトインエアコンが設置されている点に驚かされます。その他にも食洗機とディスポーザーはもちろんのこと、水回り天板の天然石仕様など昨今のこの単価帯の物件としては出色な仕様となっています。地所さんは大手デベの中でも専有部を重視する傾向にあるゆえでしょうね。
ちなみに、スーペリアグレードはキッチンバックカウンター、大理石の廊下床、スクエアシンクなどさらにグレード感のある設備仕様となります。

坪単価は予定価格で約324万円。30平米台のお部屋はグロスがたかが知れているので、もっと強気な設定でくると予想していましたが、柱の影響もあるのか(専有面積が小さいほど柱のインパクトが大きくなる)かなり真っ当な水準でした。

内容が盛りだくさんとなってしまったので、共用部や管理費については第1期の正式価格発表後に書く予定です。

2014年販売部門① | topページへ戻る | 【逆梁、でもちょっとだけ順梁】ザ・パークハウス西新宿タワー60 51階87平米10,000万円台(予定)【坪単価約378万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る