top  >  各賞発表  >  2014年間取り部門②

当サイト内検索    (累計2150棟4700室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2150棟4700室)

2014年間取り部門②
2014-12-27

2014年間取り部門の続きです。

【銅賞】はイニシア武蔵新城ハウスイニシア武蔵中原レジデンスのコスモスイニシアの2物件とジグゼ湘南平塚ジグゼ町屋の大東建託の2物件です。

コスモスイニシアの2物件の受賞理由はイニシア武蔵新城ハウスのコンセプトとして打ち出された「やさしいシカク」、つまり、完全なアウトフレーム構法により柱の出っ張りのないきれいな「シカク」のみで構成された美しい間取りを実現していることです。
イニシア武蔵新城ハウスでは可動収納、イニシア武蔵中原レジデンスでは田の字ベースのプランでは珍しいアイランドキッチンを提案するなど、コスモスイニシアは物件単位ではなく会社の方針としてどの物件でも間取りを重視しているのが素晴らしいですね。来年以降のさらなる飛躍を期待したいデベロッパーの1つです。

大東建託の2物件は大東建託が分譲マンション事業に参入した際の1号及び2号物件となるのですが、いずれもアジャストマンション(専有部に玄関が2つあり、賃貸などに出しやすいワンルーム部分とファミリー部分に分けて使うことが可能)という明確なコンセプトがあります。
リッチライフ(ロワールシリーズ)のリッチライフプランの二番煎じの印象が強いので受賞でよいものかどうか迷ったのですが、パークタワー新川崎でも「ツグイエ(2世帯住宅的に利用)」として提案されているぐらいで、価格が高止まりするマンション相場下では一定層にとってより有意義な存在となりえるとのことから受賞と致しました。

リビオ板橋浮間舟渡サクライエのダブルリビングプランは個人的にかなり衝撃を受けたのですが、角住戸などには採用されていないですし、あくまでメニュープランの一貫という位置付けなので【次点】とさせていただきます。でも、非常に面白い提案なのではないかと思います。

2014年デザイン部門① | topページへ戻る | 2014年間取り部門①

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る