top  >  各賞発表  >  2014年差別化部門①

当サイト内検索    (累計2200棟4800室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)

当サイト内検索    (累計2200棟4800室)

2014年差別化部門①
2014-12-29

本日は2014年差別化部門の発表です。
(※念のため言っておきますが、モモレジの独断と偏見のみで受賞物件を決めております(笑)。対象となる物件は2014年において(たぶん)第1期を行っている物件で、モモレジが知っている物件です(笑)。)

本日までに、販売部門・管理費部門・間取り部門・デザイン部門と発表しており、それぞれが物件の差別化を図る1つ1つの要素ではあるのですが、その中でも総合的な意味でコンセプトが明確かつ独創的で類似物件を見い出しづらいと思われる物件をモモレジなりに挙げてみた結果がこの賞ということになります。
これらの物件で採用されている差別化手段の中には来年以降のマンショントレンドを牽引するものが出てくるかもしれません。

受賞マンションは以下の通りです。
【金賞】(順不同)
バースシティ溝の口ティアラ
バースシティ溝の口シエル
アデニウム墨田本所
【銀賞】(順不同)
プラウド府中東芝町
アスコットパーク東京リバーサイド
ル・サンク小石川後楽園
ザ・パークハウス東銀座
【銅賞】(順不同)
ザ・パークハウス品川荏原町
グレーシア茅ヶ崎

昨年に比べ大分受賞マンションが増えてしまいましたが、それぞれには共通点があり、甲乙つけ難いため複数を挙げております。

まず、【金賞】はバースシティ溝の口ティアラシエルの末長組の2物件、それとアデニウム墨田本所です。
これら3物件の共通点はPRC構造を採用し柱・梁のない空間を実現していることです。壁で支える必要があるので開口部幅はそれほど大きくはできないものの天井付近までのハイサッシとすることが可能となり室内の開放感は抜群です。

末長組は基本的にどの物件でもこの構法が採用されているので、2物件以外も同様のクオリティなのですが、ティアラは「お姫様すぎるデザイン」、シエルは「全戸四面開口」というまさにオンリーワン的な要素をもっていますので文句なしの受賞となります。アデニウム墨田本所もほぼ全面がガラス貼りのエントランスロビー、建物中央に設けられた上品な庭園などデザイン面でも差別化が図られている好物件です。

次の記事に続きます。

2014年差別化部門② | topページへ戻る | 2014年デザイン部門②

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る