top  >  各賞発表  >  2014年差別化部門②

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

2014年差別化部門②
2014-12-29

2014年差別化部門の続きです。

【銀賞】はプラウド府中東芝町アスコットパーク東京リバーサイドル・サンク小石川後楽園ザ・パークハウス東銀座の4物件です。
受賞理由は単純でプランにゆとりがあることです。
プラウド府中東芝町とル・サンク小石川後楽園は平均専有面積80平米超、アスコットパーク東京リバーサイドは84㎡と89㎡の2プランのみ、ザ・パークハウス東銀座は南面条件の良い(日当たりの良い)立地でありはするものの新富町駅徒歩1分という投資需要も旺盛そうなポジションでありながら全戸70平米超という意外なプランニングがなされている点が受賞理由となります。

昨年以降、マンション価格は高止まりしている状況で都心部を中心に相変わらず狭小3LDKなどが主流となっているわけですが、そのような中、これらのマンションはグロス高となることを恐れずゆとりあるプランを提案している点に好感が持てますよね。

【銅賞】はザ・パークハウス品川荏原町グレーシア茅ヶ崎です。
受賞理由は明確で小規模ながら免震構造が採用されているゆえとなります。
ザ・パークハウス品川荏原町は1LDK中心の総戸数55戸という小規模レジデンスながら免震構造を採用、グレーシア茅ヶ崎は総戸数78戸とそれなりのスケールはありますが、競合物件は多くなくそこまで差別化戦略をとる必要があるとは思えない中、免震構造を採用している点が評価できます。

ザ・パークハウス品川荏原町は内廊下設計となっていますし、駅徒歩1分という時点で十分に差別化が図られているわけですが、さらに免震を採用するという所が余計にすごいです。18階建とペンシル感が強く地震を不安に思う方が多いことに配慮したのだと思いますが、それにしても贅沢な印象を受ける物件です。

差別化部門は昨年同様に次点となった物件についても言及しておきます。数が結構多いので、今年は箇条書きとさせていただきます。
シーズガーデン中野⇒戸別の太陽光発電
インプレスト南千住⇒全戸ロフト付
モダビエント中板橋⇒駅徒歩1分ながら地下平置駐車場
ナイスブライトピア世田谷千歳台⇒耐震等級2×内廊下
リリファ横濱山下町⇒外部貸出も可能な無料駐車場
武蔵浦和スカイ&ガーデン⇒共用施設にアリーナ(体育館)
ブランズシティ品川勝島⇒エネファーム(リリース当初は世界初だったはず)
ブリリア千代田左衛門橋⇒設備仕様のオーナーズセレクト
インプレスト早稲田⇒微気候プランニング

そして、最後にベイズタワー&ガーデン。間取り部門で金賞を受賞していることもり差別化部門では無冠としましたが、スイングセーバー構造の免制震複合システムによる約2.45mの超ハイサッシを実現した3次元構造はこれ以上ないぐらいの差別化要素であることは言うまでもありません。

2014年モモレジ部門① | topページへ戻る | 2014年差別化部門①

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る