top  >  各賞発表  >  2014年モモレジ部門②

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

2014年モモレジ部門②
2014-12-30

2014年モモレジ部門の続きです。

【銀賞】はザ・パークハウス駒込丘邸フレシアパークプレミアムメイツ西新井レアシス府中本町の3物件です。
これまた共通点を見いだしづらい組み合わせ?ですが、こちらも共通の理由があります。
いずれもランドプランに「不思議なほどの余裕がある」物件なんです。

ザ・パークハウス駒込丘邸フレシアは空地率69%で住棟の横に独立したエントランスだけの棟、さらに、全台平置駐車場、パークプレミアムメイツ西新井は高さ制限32Mがある中で空地率73%という驚きの水準(当然に全台平置駐車場)を実現しています。
レアシス府中本町は上記2物件と比べるとやや地味ですが、やはり空地率は高いですし、もともとは住棟がL字配棟(東向き及び南向き)となっていた土地に全戸南向きという贅沢なランドプランとなっている所に「不思議なほどの余裕」を感じることができるわけです。

【銅賞】はザ・パークハウス二子玉川ガーデンル・サンク小石川後楽園です。
これはなんとなく理由が分かる方がいらっしゃるかな???
どちらも傾斜地に建設される物件であり、ランドプランがあまりに特徴的なのです。

かなり説明が難解なので詳細は各物件の記事をご覧いただければと思いますが、簡単に言うとザ・パークハウス二子玉川ガーデンは敷地東側に隙間無く建物を建設することによって敷地内側の南向き住戸への246の騒音をシャットアウトするというかなり特徴的なランドプランとなっています。
一方、ル・サンク小石川後楽園はエントランスが傾斜地の最下部にありエレベーター位置が制限されるにもかかわらずエスカレーターを採用することでフロア設計の自由度を高め総戸数107戸ながらバラバラの位置に4基ものエレベーターを配置するという凝った設計となっているのが受賞理由となります。

モモレジ部門で取り上げたマンションはいずれも非常に個性あるマンションと言え、来年はもっともっとこのようなマンションにお目にかかりたいなと切に思います。

【おまけ】間取り特集①【ワイドスパンで開口部の豊かな間取り】 | topページへ戻る | 2014年モモレジ部門①

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る