top  >  【新築】渋谷/目黒  >  【三面開口のLD】アージョ目黒柿ノ木坂2階43平米4,430万円【坪単価344万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【三面開口のLD】アージョ目黒柿ノ木坂2階43平米4,430万円【坪単価344万円】
2015-01-05

アージョ目黒柿の木坂。

都立大学駅徒歩10分の5階建総戸数23戸のレジデンスです。
環七からわずかに内に入ったポジションで住環境良好とは言えませんし、29平米~61平米の総戸数23戸とかなり規模感に欠ける物件ですが、ギリギリ駅徒歩10分圏内で南面条件は上々のポジションとなります。

敷地面積は500㎡弱に過ぎませんが、エントランスの正面に中庭を設け上部を吹抜にしており、敷地面積の小ささをカバーした設計面にも見所があります。

エントランスや外観イメージがCGではなく「スケッチ」なのでイマイチ雰囲気や色味が分かりづらいのが悩ましい所ですが・・・。
6月には完成する物件なので竣工が近づくにつれ徐々に明らかになっていくのでしょうが、青田売りだったらもう少しなんとかして欲しかったですね・・・。

公式ホームページ
IMG_3677[1]
お部屋は43平米の1LDK、南東角住戸です。低層階で視界は抜けませんが日照は上々です。

間取り的には一般的に条件が良いとされる南東角住戸ながら40平米そこそこというのが珍しいですね。小規模物件ならではという所でしょう。

当マンションの南面は当タイプのLD部分だけが南側に突き出ている設計でLDが三面開口というかなり珍しいものとなっています。西側からも日照が入りやすくなりますし、日照的には良いのですが、平米数のわりに奥行(玄関からLDの先端までの距離)のあるプランとなってしまっているので、実質的な廊下部分による面積消費がやや気になります。
LDのドアは玄関寄りにあり、実質的なLD空間の畳数はけして広くはありません。

ただ、壁式構造が採用されているため、小規模物件ながら柱の出っ張りなどがなく居室形状は良好ですし、キッチンや浴室に窓がある点、洋室1が2WAYである点も良いですね。

坪単価は344万円。専有面積が小さめであることも影響しているとは思いますが、中小デベ(ダイナセル)、かつ、小規模物件でブランド感に欠けることを考えると少々強気な設定という印象です。

管理費は314円/㎡。外廊下かつディスポーザーなしであることを考えるとかなり高い水準ですが、スケールメリットに著しく欠けることを考えると致し方ないでしょうね。

【この広さで専用庭付】アージョ目黒柿の木坂1階29平米2,980万円【坪単価344万円】 | topページへ戻る | 【深めのアルコーブ】エステムプラザ芝公園41平米4,370万円【坪単価355万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る