top  >  【新築】横浜/川崎  >  【完全なアウトフレームというかそもそも柱がありません】クリオ横浜セントラルマークス71平米5,385万円【坪単価249万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【完全なアウトフレームというかそもそも柱がありません】クリオ横浜セントラルマークス71平米5,385万円【坪単価249万円】
2015-01-20

もう1件、クリオ横浜セントラルマークス。

設計は嘉環境建築設計、施工は大勝、また、デザイン監修はシーアンドスタイルとのことです。
いずれもクリオシリーズではお馴染みのメンバーで驚きなどはありませんが、バルコニー手摺にルーバータイプとガラスタイプを使い分けていますし、白と黒のモノトーン調の外観はわりと存在感がありそうです。

サンクタス横浜midは周囲の環境に配慮し内廊下設計とすることで騒音などを可能な限り軽減しつつラグジュアリー感を出しましたが、こちらはいわゆる「内廊下」ではありません。
ただ、全方位に住戸が設けられ共用廊下は内向きの設計となっているため、騒音はほとんど入ってこないでしょうし、中央部に吹抜(ライトコート)を設けているので採光や通風面が享受できます。

前回のクリオ横浜セントラルマークス

公式ホームページ
IMG_3775[1]
お部屋は70平米超の3LDK、北東向き中住戸です。日照は良いとは言えませんが、中層階以上のこのタイプからはみなとみらいの夜景が見えそうです。

間取り的には専有面積のわりにはかなりワイドスパンなタイプでLDと洋室2にまたがったワイドな連窓サッシがなんとも開放的です。
柱も完全にアウトフレーム化されているというか、そもそも当プラン側には柱が存在していないため(隣戸側に柱がある)、視界的な影響もないのが非常に素晴らしくこれ以上ないぐらい贅沢なプランと言えます。

こういった外廊下設計のワイドスパンの場合、モリモト物件などでよく見られるワイドスパンの田の字住戸がプランニングされるケースが多いと思うのですが、このプランは廊下を中央付近に設計しています。

田の字プランにした場合、洋室2室がLDから独立したポジションになるのに対してこのプランでは洋室1室のみが独立で残りの2室がリビングインということになるのですが、その代わりに水回りが2WAYとなっているなど動線面の魅力を引き出した感じでしょうか。

先ほどのプラン同様に洋室2の引き戸を開け放つと約21畳もの大空間が誕生しますし、柱のないスッキリとしたバルコニーが余計に空間的な広がりを生み出してくれることでしょう。

専有面積に占める居室畳数割合は73.0%((11.1畳+4.4畳+7.0畳+5.2畳+4.5畳)×1.62㎡【※】÷71.44㎡)と高めの水準、かつ、収納も充実した非常にバランスの良い好プランですね。
(【※】マンションの間取り図で一般的に用いられている1畳=1.62㎡)

坪単価は249万円。低層階で眺望が望めるわけではありませんし、日照時間も短いため比較的単価が抑えられています。ただ、前述の通りのワイドスパン、かつ、開口部の充実したプランなので採光は抜群に良いですし、道路などがあることで前建までの距離が確保されており、圧迫感などがないのも好材料の1つでしょう。

管理費は205円/㎡。スケールメリットがそれなりにあって外廊下かつディスポーザーなしですからもっと安くてもおかしくない気もしますが、ごくごく一般的な水準です。
駐車場は平置は3台、機械式16台の全19台です。

【45年間供給なしの駅徒歩2分以内】ブランズ戸塚75平米6,130万円【坪単価268万円】 | topページへ戻る | 【立地に臆することなく3LDK中心】クリオ横浜セントラルマークス83平米7,047万円【坪単価282万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る