top  >  【新築】港/中央/千代田  >  【エリア的に珍しいフルバルコニー】ザ・パークハウス日本橋浜町6階73平米7,810万円【坪単価355万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【エリア的に珍しいフルバルコニー】ザ・パークハウス日本橋浜町6階73平米7,810万円【坪単価355万円】
2015-02-25

もう1件、ザ・パークハウス日本橋浜町。

施工は岩田地崎建設です。あまり聞かないけどどっかで聞いたことあるなぁと思っていたらザ・パークハウス三軒茶屋アーバンスの実績がありました。以前から地所さんと付き合いのあるゼネコンということになるようです。

設計デザインには様々なデベのマンションで実績豊富なIAO竹田設計が起用されています。派手さはなく意外性もありませんが、日本橋らしい和を意識した手堅いデザインとなっている印象です。内廊下のデザインもわりと高級感があります。

それで、当物件の最大の注目ポイントは全戸に採用された「フルバルコニー」でしょうね。
湾岸エリアを除くと中央区はビルやマンションが密集した敷地面積の狭い物件が多く、採光面なども考慮しFIXサッシなどを活用したバルコニーをあまり確保していない(出来ていない)物件ばかりなのですが、ここはフルバルコニー、つまり、主開口部の開口幅の全てがバルコニーとなっているのです。

FIXサッシ(LDまたは洋室のどちらか)を採用すること自体は採光面のメリットとなるので良いとは思うのですが、特に中住戸だとバルコニーが非常に狭くなってしまうので、当物件で採用しているフルバルコニーは一定の価値があると思います。

前回のザ・パークハウス日本橋浜町

公式ホームページ
IMG_4014[1]
お部屋は73平米の3LDK、北角住戸です。北にはグラウス、北西にはウィルローズというポジションで視界には難がありますが、三方角地でどちらも道路を挟んでいるのでそれなりには距離が確保されています。

フルバルコニーを説明するには中住戸の方が良かったような気もするのですが、この角住戸のプランは非常に珍しいので取り上げることにしました。

こういった立地では珍しいまさに「フルバルコニー」というプランです。前述のように「フルバルコニー」の定義は「主開口部」の全てがバルコニーであれば良いわけですので、このプランで言えば北西面だけがバルコニーであればフルバルコニーになるわけですが、北東面もバルコニーとしている上、柱もアウトフレーム化しているため、LDにかなり幅のあるコーナーサッシが採用出来ているのです。黒縁のサッシも高級感がありますね。

タワマンなどであればこのようなコーナーサッシは珍しくもなんともありませんが、このような日本橋エリアの中層マンションで33平米ものバルコニーのあるお部屋(ルーバルプランを除く)となると過去に例がないのではないかとさえ思うレベルです。

前述のようにグラウスやウィルローズとお見合いになり、特長のある間取りとしたかったであろうことはこのプランをモデルルームにしていることからも伝わってきますし、先ほどの角住戸同様に内側の食い込んだ柱、また、LDの入口付近の非常に中途半端なスペースも気になりますが、面白い試みであることは確かです。

当物件はその正方形に近い敷地形状ゆえに日本橋浜町Fタワーに視界が塞がれる南西以外の3方向に住戸を設けなければならず、北方向もお見合いという設計者泣かせのポジションではありますが、それゆえ中央部に共用廊下を配した内廊下設計となったのだと思いますし、この地においてバルコニーを重視した設計というのは評価できますよね。

坪単価は355万円。前述のように北向き及び北西向きのプランは上層階おいても前建の影響が避けられないので、日照の良い南向きに比べ単価的には弱めの設定です。ただ、この角住戸は大きなバルコニーやコーナーサッシという売りがあるせいか南向き住戸とそこまで大きな差はありませんね。

管理費は279円/㎡。総戸数は73戸とそれなりのスケールがあるものの、内廊下かつディスポーザー付であることを考えると結構安い水準です。
駐車場も20台で機械式ということでそれなりに維持費がかかるでしょうし、この水準は意外ですね。

【天気の良い日は35畳?!】ウィルリベール鎌倉由比ガ浜5階81平米7,100万円【坪単価291万円】 | topページへ戻る | 【ザ・パークハウス西新宿タワー60的な柱】ザ・パークハウス日本橋浜町76平米8,860万円【坪単価387万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る