top  >  【新築】新宿/文京/中野  >  【半分超が地権者住戸】アトラス新宿河田町ヒルズ4階75平米9,089万円【坪単価400万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【半分超が地権者住戸】アトラス新宿河田町ヒルズ4階75平米9,089万円【坪単価400万円】
2015-03-03

アトラス新宿河田町ヒルズ。

若松河田駅徒歩2分の6階建総戸数41戸(非分譲22戸含む)のレジデンスです。
旭化成の十八番とも言える建替事業であり地権者住戸が半分超(当初は21戸だったので半分以下でした)を占めるのは新規検討者からするとあまり良い条件とは言い難い面はあるでしょうが、駅徒歩2分、かつ、大通りから入った閑静なポジションはなかなかのものです。

当物件はアトラス新宿左門町と共に旭化成の都市型マンションギャラリーであるアトラスコレクションの第1号分譲物件となるようです。要するに個々の物件ごとにモデルルームを造るとコストがかかるので、コンセプトルームなどとしてある程度使い回そうというスミフ的な戦略ということになります。
スミフさんの場合、その分の浮いたコストが販売価格に微塵も転嫁されていない気がするので甚だ疑問ではありますが、旭化成さんはそこまでガッついていないでしょうから、少しは販売価格に転嫁されることを期待したいですね。

公式ホームページ
IMG_4073[1]
お部屋は75平米の3LDK、南東角住戸です。当物件の南面は大々的に雁行設計となっているので二面採光となっているプランが数多く存在するわけですが、当プランは東端に位置するいわゆる角住戸で中でも開口部が充実しているものとなります。

間取り的には、その大々的な雁行設計が影響してか玄関位置がかなり共用廊下側に引っ張られているので、廊下が長めなわりに居室独立性が確保出来ていません。

洋室3室は全てリビングイン、かつ、LDが角に配置できていないなど、いわゆる角部屋らしさに欠けるプランとなっています。
これまた雁行設計ゆえに柱の逃げ場を造るのが難しかったようで柱の食い込みも顕著でそれによる面積消費も気になりますね。

専有面積に占める居室畳数割合は70.0%((10.5畳+4.5畳+6.5畳+6.0畳+5.0畳)×1.62㎡【※】÷75.20㎡)と角部屋としては標準的な水準ですが、収納が多いとは言えませんし、キッチンにやたらとゆとりがあるため、居室畳数は小さめですね。
(【※】マンションの間取り図で一般的に用いられている1畳=1.62㎡)

坪単価はジャスト400万円。上階の南東角ということを考えれば昨今の相場下においてはベラボーに高いとまでは言えないのかもしれませんが、この間取りは坪単価400万円に相応しいとは言えませんし、やっぱり高いよなぁ・・・。9,000万円出して全室リビングインでLDが10畳ちょっととは・・・。

設備仕様面も食洗機や水回りの天然石天板仕様はあるものの、少戸数のためディスポーザーはありませんし、ビルトインエアコンなどのワンランク上の高級感を感じることのできる設備はなく坪単価400万円に相応とは言い難い印象です。

【管理費163円/㎡】アトラス新宿河田町ヒルズ2階59平米6,349万円【坪単価358万円】 | topページへ戻る | 【有効面積の高いルーバルプラン】レジデンシャル中野新井薬師81平米6,998万円【坪単価287万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る