top  >  【新築】新宿/文京/中野  >  【廊下を極限まで短く】ザ・パークハウス四谷若葉レジデンス67平米7,740万円【坪単価380万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【廊下を極限まで短く】ザ・パークハウス四谷若葉レジデンス67平米7,740万円【坪単価380万円】
2015-03-07

ザ・パークハウス四谷若葉レジデンス。

信濃町駅徒歩9分、四ツ谷駅及び四谷三丁目駅徒歩10分の8階建総戸数67戸(うち事業協力者住戸7戸含む)のレジデンスです。

どの駅からも下ったポジションにあり、交通利便性が高いとは言えませんが、中央総武線の2駅まで徒歩10分というのはなかなか良い条件でしょう。

「若葉地区地区計画」が進行中のエリアでマンション前の若葉通りは徐々に拡張されてきています。当物件の前も当物件の完成と共に道路が広がり街並に好影響を与える可能性が高いです。

このエリアは近年それほどマンション分譲が行われていませんが、今後の再開発期待が高まりますし、近隣で分譲実績が豊富な三菱地所物件というのも良い材料ではないでしょうか。

公式ホームページ
IMG_4111[1]
お部屋は67平米の3LDK、南東角住戸です。南側は隣の隣に同じような高さのマンションがあることから上層階でも視界が良いとは言えませんが日照は問題ないですし、東側は低層建物のため視界的にも良好です。

間取り的には角部屋なのに67平米となんとも控えめな設定という印象ですが、むしろ70平米を越えている3LDKプランの方が少ない所を見ると明らかに「グロスの安さ」を売りにする戦略のようですね。

角住戸ならばイメージ的にもせめて70平米欲しかった感はありますが、間取りを見ると納得できる面もあります。なぜなら、廊下を極限まで短くしていますから・・・。

こういった短い廊下で洋室3室全てをリビングインとするプランは内廊下タワマンの中住戸などでも頻繁に見られますし、さして珍しいことではないのですが、当プランが特徴的なのは洗面所でさえもリビングインになってしまうぐらい廊下を削減していることでしょう。
このぐらい廊下が短いと洗面所を廊下からの動線としても結局は玄関前でプライバシー面に難がある間取りになってしまうので、それだったらこのようなリビングインの方が却ってよいかもしれません。
まぁ、プライバシーという意味ではトイレのドアの開く向きは逆が良かったような気がしますが・・・。

専有面積に占める居室畳数割合は74.2%((11.0畳+3.4畳+6.0畳+5.6畳+4.8畳)×1.62㎡【※】÷67.29㎡)と流石に高い水準となっています。柱の食い込みは若干気になりますし、収納も少なめですけどね。
(【※】マンションの間取り図で一般的に用いられている1畳=1.62㎡)

坪単価は380万円。周囲の特殊事情などもあり、中低層以下はかなり単価の安い設定となっている当物件ですが、流石に上層階はこのぐらいはするんですね。中低層が安いだけに高く感じる・・・。

【2000年代前半分譲と大差ない単価】ザ・パークハウス四谷若葉レジデンス4階70平米6,670万円【坪単価314万円】 | topページへ戻る | 【この価格帯でも床暖房なし】ロジュマン両国4階60平米4,248万円【坪単価234万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る