top  >  【新築】品川/大田  >  【最高クラスのサッシ高とサッシ幅】プレミスト北品川80平米8,840万円【坪単価364万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【最高クラスのサッシ高とサッシ幅】プレミスト北品川80平米8,840万円【坪単価364万円】
2015-03-17

プレミスト北品川。

新馬場駅徒歩4分、大崎駅徒歩13分の14階建総戸数117戸のレジデンスです。規模的には先日ご紹介したザ・プレミアスカイ品川中延に近いですね。ザ・プレミアスカイ品川中延では非常用エレベーターが理由で上層4フロアのみ階高が高い設定となっていると書きましたが、ここも同様です。
プレミアスカイのように上層4フロアの天井高が3mなどという大盤振る舞いはありませんが、こちらも11~14階の上層4フロアは階高及びサッシ高を5cm高くすることが出来ています。たかが5cmですが、10階分ならば50cmになりますし、その差が非常に大きな意味を持ちます。

立地的には大崎駅まで徒歩圏を売りにしている当物件ですが、最寄駅は新馬場であり、過去にこのエリアで坪単価300万円を超える価格帯の分譲はむろんありません。

ただ、この物件のお隣には高級賃貸としてご紹介済のタワーコート北品川があり、その賃料を基にすればこの物件の価格はあながち間違っていないとも言えますし(まぁ、最近の高級賃貸市場はフリーレント付が主流で賃料をあまり下げないことで利回りを高めに見せているわけですが)、この価格で売るために「都心部のプレミスト」以上のパフォーマンスが其処此処に見られる物件となっているのも事実です。

公式ホームページ
IMG_4171[1]
お部屋は80平米の3LDK、南西角住戸です。上層階で眺望良好、かつ、眼下には南に目黒川、西に子供の森公園を望む条件の良いポジションです。

玄関位置は角住戸らしくやや難がありますが、80平米で3LDKというゆとりある専有面積が確保されているので、各居室の畳数はそれなりに確保出来ています。

柱の食い込みも標準的ですし、2次元的にはLDの窓が大きくて気持ち良さそうだなぐらいで終わってしまいかねないこのプランですが、3次元パフォーマンスが非常に素晴らしいのが最大の特長となります。

最大天井高は2.5mといたって普通なのですが、サッシ高は2.25mも確保出来ています。ベイズなどの例外こそありますが、順梁のタワマンでここまでのサッシ高を確保出来ているケースは稀です。当ブログで何度も取り上げている三井住友建設のSuKKiT3が採用されているため、角住戸を中心に梁のほとんどない空間を実現することが出来ているわけです。

SuKKiT3でも西面は梁(下がり天井)が出てしまいますが、当物件はゆとりある階高と扁平梁を採用したことで梁の出を抑えることが出来ているため、南側と同じサッシ高を実現できている点が素晴らしいですね。高さ・幅のあるサッシが外観デザイン上も良いアクセントになっています。SuKKIT-W構法でサッシ高が2mしかなかったプラウド日本橋三越前とは大違いです。

南側は上階のバルコニーが庇となるので夏場は直射が入らないのも◎です(西側は太陽が低いのでバルコニーがあっても結局室内まで西日が入るのでFIXサッシで良いと思います)。

坪単価は364万円。上層階で最も条件の良いプランとはいえ、なかなか強烈ですね。
平均坪単価約245万円ほどでも売れ行きが芳しいとは言えなかったサンクタス南品川の分譲が遠い昔のことのように感じる・・・。

設備仕様面はディスポーザー、食洗機、水回りの天然石天板、ミストサウナ、キッチンバックカウンター、さらに専有面積の広いタイプにはLDビルトインエアコンと価格帯を十分に意識したものとなっています。

【南と北にSuKKiT3】プレミスト北品川3階59平米4,930万円【坪単価274万円】 | topページへ戻る | 【バルコニー側もアウトフレームしてない】ブランズ代々木3階56平米6,800万円【坪単価403万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る