top  >  【新築】東京都下  >  【貴重な南の角住戸】ブリリア小金井桜町5階73平米5,378万円【坪単価244万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【貴重な南の角住戸】ブリリア小金井桜町5階73平米5,378万円【坪単価244万円】
2015-04-13

ブリリア小金井桜町。

武蔵小金井駅徒歩14分の8階建総戸数114戸(地権者住戸53戸含む)のレジデンスです。
敷地面積5,200㎡超のスケールのある3棟建の小金井コーポラスの建替プロジェクトで、建替によりブライトコートとフォレストコートの2棟建に生まれ変わります。

建替案件のため地権者住戸が総戸数の半数近くを占めることに抵抗がある方もいるでしょうし、その上、地権者が良い条件の住戸を抑えてしまう傾向にあるため、一般的な新規分譲案件に比べ良い条件のプランが少ないという「難しさ」があるのは確かです。
しかしながら、当物件は駅遠ながらも周囲に高い建物のない住環境に優れたポジションであり、そのようなマイナス要素があっても十分に魅力のある物件と言えるのではないでしょうか。

2010年に分譲されたプラウド小金井桜町よりもさらに駅から距離のあるポジションではありますが、こちらは小金井街道沿いではないというメリットがあります。

公式ホームページ
IMG_4319[1]
お部屋は73平米の3LDK、南西角住戸です。日照だけでなく視界的にも良好な条件の良いプランです。西側は小学校のため、静かとは言えないかもしれませんが、それを騒音と考えるかどうかは人それぞれでしょう。

間取り的には73平米のやや小さめの角住戸ということで、玄関廊下を一直線として廊下による面積消費を抑えたプランとなっています。

ただ、それでも玄関は凹んだ位置にないため、廊下は結構長いですし、プライベート感のあるポーチがないのも残念です。

共用廊下側の柱はほぼ完全にインフレームですし、貴重な南の角住戸であるためかそれにちょっと胡座をかいてしまっている印象がなくはないです。
建替前は3棟建で南~北に並んでいたので、南向きの角住戸は多くありましたが、建替後はL字の2棟構成でいわゆる南向きの角住戸はブライトコートの南東角と南西角だけになってしまっているのがちょっと残念ですね。建替前のような配棟だと前方の棟によって視界を塞がれる住戸が多くなるのでこのL字配棟は当然であり、この敷地形状からすると典型的なものなので、これがダメと言うつもりは毛頭ないのですが、条件の良い南角は地権者に抑えられやすいですし、余計に貴重な存在となってしまうわけです。

専有面積に占める居室畳数割合は72.0%((12.1畳+3.7畳+6.3畳+5.3畳+5.0畳)×1.62㎡【※】÷72.88㎡)と廊下を一直線にしているだけあって角住戸にしては上々の水準ですが、収納は少々少なめでしょうか。
(【※】マンションの間取り図で一般的に用いられている1畳=1.62㎡)

坪単価は244万円。プラウド小金井桜町の平均坪単価に近い水準であり、2010年当時と比べ昨今の不動産相場がかなり値上がりしていることを考えると良心的な価格設定と言えるでしょう。
同じく駅徒歩12分の2012年分譲のプラウド小金井緑町の方は平均坪単価225万円ほどですので、2~3年前と比べると値上がりをしているということにはなるのでしょうが、それでも上昇幅はほんのわずかです。

【プラウドにも勝るとも劣らないデザイン】ブリリア小金井桜町2階72平米4,558万円【坪単価211万円】 | topページへ戻る | 【エントランスを入った先は元住吉じゃない】プロスタイル元住吉4階39平米3,160万円【坪単価268万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る