top  >  【新築】世田谷/杉並  >  【世田谷の地下住戸】ディアナコート奥沢地下1階46平米4,890万円【坪単価351万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【世田谷の地下住戸】ディアナコート奥沢地下1階46平米4,890万円【坪単価351万円】
2015-04-14

もう1件、ディアナコート奥沢。

施工は本間組ということでネームバリューはありませんが、モリモトはネームバリューのある施工会社を起用することはほとんどありませんし、小規模物件ですので致し方ないでしょう。

設計に長谷建築設計事務所、デザイン監修にアーキサイトメビウスというのは非常に素敵な外観が印象的だったディアナコート祐天寺翠景と同じ組み合わせです。

ただ、お馴染みのアーキサイトメビウスデザインですが、正直ここのデザインは心打たれるものがないです。丸紅とのJVとなったグランスイート神楽坂ピアースのデザインも物足りなさがありましたが、あそこの場合は「ピアース」だし仕方ないのかな・・・と思っていた面があったので、「ディアナ」でもこのような普通な感じになるとは意外でした。
競合物件が少なく立地だけで売れてしまうからなのかなぁ・・・。

ディアナコート祐天寺翠景やディアナコート代沢翠景などのような低層物件ではなく、このような階建の物件が最も高級感を醸しだすのが難しいとは思いますが、それにしても普通すぎる印象が否めません。

階建がそれなりにあるがゆえに1フロアの面積が小さくなり、角住戸率約96%というランドプランに出来ている点、内廊下設計となっている点など良い面もあることを忘れてはいけませんが。

前回のディアナコート奥沢

公式ホームページ
IMG_4466[1]
お部屋は46平米の1LDK、南向き中住戸です。南面条件の良い立地条件ですが、地下住戸で部屋番号は「00×」となっています。
世田谷区では地下住戸が制限されているのは有名な話ですが、住居系用途地域に限られており、当物件の敷地は近隣商業地域他ですので地下住戸が設計出来ています。

間取り的には当物件の中でも専有面積の狭いタイプで地下住戸ならではのプランニングという感じがしなくもないですが、それなりの大きさのあるテラスに面しているのは良いですし、南側には高い建物があるわけではないので、日照も得られそうです。

窓際は柱の影響がほとんどありませんし、開口部もスパンなりにきちんと確保されているので、採光面は何ら問題なさそうです。

坪単価は351万円。コノエ代官山のあまりにも衝撃的すぎる安さだった地下住戸などと比べるとパンチ力には欠けますが、日照も得られるでしょうし、単価の高い設定となりやすい専有面積が小さめのプランのわりには単価はまずまず抑えられている方なのでしょう。

設備仕様面は少戸数ながらディスポーザーが設置されているのはさすがですし、食洗機、水回りの天然石天板仕様の他、浴室までの天然石仕様、廊下水回りのタイル床、約2.4mのサッシ高(掃き出し窓)など、この価格帯大手デベ物件ではなしえない上々の仕様となっています。それにしても最近はビルトインエアコンを採用する物件が少なくなりましたよねぇ・・・。

【オフィス共存ゆえの管理費107円/㎡?】リッシュアヴェニュー横濱関内70平米5,530万円【坪単価261万円】 | topページへ戻る | 【貴重な自由が丘駅徒歩圏】ディアナコート奥沢4階82平米10,690万円【坪単価429万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る