top  >  【新築】江東/台東/墨田  >  【スカイツリーまで100mちょっと】ロジュマン押上タワービュー通り5階62平米5,838万円【坪単価309万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【スカイツリーまで100mちょっと】ロジュマン押上タワービュー通り5階62平米5,838万円【坪単価309万円】
2015-04-20

ロジュマン押上タワービュー通り。

押上駅徒歩3分の7階建総戸数24戸の小規模レジデンスです。
押上駅の他、とうきょうスカイツリー駅や本所吾妻橋駅もほど近いポジションとなります。

その名の通りタワービュー通り沿いのポジションでスカイツリーまで直線距離で100mちょっとと思われる立地条件です。

敷地北側には至近距離にD'クラディア押上ヴェリエストが建っているので、当物件は全戸南向きとなっており、お部屋からも外廊下側からも望むことが出来ないのはちょっと残念ですが、タワービュー通りからの眺めは圧巻でスカイツリー好きにはたまらないポジションでしょう。

設計・施工は不二建設です。小規模物件ということでスケール感には欠けますが、ロジュマン両国同様にカノンアソシエイツをデザイン監修に起用しています。エントランス脇の斜めにクロスした目隠し的な意味合いもあるオブジェが面白いですね。

公式ホームページ
IMG_4491[1]
お部屋は62平米の3LDK、南西角住戸です。細い南面道路をはさんだ向かいにはそれなりに高さのある建物があるので、視界が抜けるとまでは行きませんが、西側~南西にかけては視界良好ですし、日照時間も非常に長そうなポジションです。

間取り的には60平米そこそこのいわゆる狭小3LDKです。当物件は全戸3LDKですが、専有面積は57~64平米ということでかなり面積を絞った設計となっており、ロジュマン両国と同じような販売価格面での「グロス」を意識したプランニングとなっています。

ロジュマン両国もそうですが、こちらも駅近物件ですので、30~50平米台のお部屋をもっと増やしても良いような気もするのですが、狭くても3LDKの方が売れるんですかね???

アルコーブは大きめですが、玄関が凹んだ位置にないのでプライベート感のあるものではないのが残念ですが、玄関廊下を一直線とすることで廊下を短くしてなんとかこの面積でもファミリータイプとしての使い勝手を実現しようとしている様子が伺えます。

LDKをまとめて12.7畳表記している所を見ると、LDだけでは10畳に満たないと思われますが、LD隣の洋室2は綺麗に折りたためるウォールドアが採用されているので柔軟性のある使い方が出来ますし、共用外廊下側の柱もインフレームとはいえ細いタイプで面積消費はわずかなので、一応はファミリータイプとして成りたっているようには見えます。

狭い洗面室に1418ではなく1317の浴室、収納もファミリータイプとしては最低限という印象にはなってしまいますが。

角住戸なのに北西部がサービスバルコニーなどではなく、共用外廊下(アルコーブ)となっている点が珍しいですが、当物件はオール電化マンションでエコキュートの貯湯タンクスペースを設けるためにこのようになっていると思われます。

坪単価は309万円。条件の良い角住戸ということでエリア的には結構な単価となりますね。スカイツリーの影響もありこのあたりでも坪単価300万円を越える時代がやってきたようです・・・。
外観を低層階と統一するという意味合いもあり、西側開口部は上層階でも窓が小さい設計となっているようですが、視界が良いだけにこの開口部はもったいないですね。

設備仕様面は少戸数のためディスポーザーはなく、水回りの天然石天板仕様もありません。また、手洗いカウンターのないキャビネットタイプのトイレですし、ロジュマン両国同様に床暖房さえもないのはいかがなものか・・・。
ただ、無償で3000ポイントの付くグレードアップセレクトというのが用意されているので、食洗機などは無償で付けられるみたいですね。

管理費は316円/㎡。少戸数でスケールメリットに欠けるのは分かりますが、外廊下、かつ、ディスポーザーなしにしてはかなり高い水準です。
駐車場は平置2台です。

【何世代にもわたって愛される街作り】プラウドシティ南山6階96平米5,348万円【坪単価184万円】 | topページへ戻る | 【屋上テラスが復活】シティハウス蔵前レジデンス8階65平米6,480万円【坪単価328万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る