top  >  【新築】品川/大田  >  【夢が現実となるか】シティテラス品川イースト71平米6,980万円(予定)【坪単価324万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【夢が現実となるか】シティテラス品川イースト71平米6,980万円(予定)【坪単価324万円】
2015-04-19

シティテラス品川イースト。

まだ予定価格の段階ですが、4月に入り新規分譲物件が少ないということでいち早く取り上げてみようと思います。

天王洲アイル駅徒歩3分(東京モノレール。りんかい線は徒歩4分)の14階建総戸数254戸のレジデンスです。同じような見た目のシンメトリーなA棟とB棟の2棟構成ですが、隣接敷地北側ではC棟の計画もあるようです。A・B棟とは違いタワーになる可能性が高いようでちょっと楽しみですね。

当物件のポイントは言うまでも無く運河沿いのポジションです。現在、田町駅では同じく運河沿いのクラッシィハウス芝浦が分譲中ですし、品川~田町エリアにかけては運河沿いのマンションというのはそれなりにありますので、すごく希少性があるわけではないのですが、当物件の敷地はA棟・B棟だけでも5,400㎡を越えますし、約100mの長さのある優雅なプライベートデッキのあるデザインはワールドシティタワーズを彷彿させるスミフさんらしいランドスケープです。

ただ、この物件のある品川区東品川5丁目及び港区港南5丁目にはマンションはほとんどなく、2000年代以降唯一の分譲マンションと思われる品川駅徒歩17分のスカイクレストビュー東京が分譲された2004年当時から10年以上が経過しても街並に確固たる変化は見られません。

当物件は天王洲アイル駅から徒歩3分ということで利便性は悪くないですし、当物件が出来たことで今後はより居住エリアとして認知されていくのかも知れませんが、この物件だけではこのエリアの街並に大きな影響を与えるというほどのインパクトがないというのが正直な印象です。
総戸数2090戸という日本最大級のスケールのあるワールドシティタワーズのケースでは、港南4丁自体が従前とは全く違った雰囲気になりましたし、その後も隣接敷地には大きな公園、さらに言えば、区画整理によりワールドシティタワーズから品川駅まで一直線になり、駅までの距離も近くなるというおまけもつきましたが、ここがそれと同様、いやそれに近い規模の再開発の呼び水となるにはちょっと力不足というのが大方の予想とならざるを得ないでしょう。

ちなみに、ワールドシティタワーズは品川駅までのシャトルバスを循環運行していますが、こちらも共同運行という形で入れてもらえたら非常に面白いと思うんですけどダメですかね?こういった立地は周辺のマンションと協力してスケールメリットを共有しないと再開発を促進させることは容易ではありません。共同運行の仕組みが広がれば港南5丁目や東品川5丁目にマンションを建てたいデベや住みたい方が増えるのは言うまでもありません。

りんかい線を羽田空港へ延伸させるという案も出ていますし、数多くの「夢」を見ることができるエリアであることは間違いないのですが、物件のキャッチフレーズ「ここで、東京は、最高の夢を見る。」を他力本願にすることなく、住友さん自らの手で是非有言実行していただきたい!

公式ホームページ
IMG_4481[1]
お部屋はA棟の71平米の3LDK、南西角住戸です。南側からA・B・Cと並ぶこととなるので、A棟の南側は他棟に視界を妨げられることのない日照的にも視界的には絶好のポジションとなります。西側から南側にかけてぐるっと回りこんだテラスバルコニーは約35㎡ものゆとりがあり、非常に開放感のあるプランとなっています。
南側の交差点付近はトラックなどの大型貨物車を中心として交通量がかなりあるので、いいことばかりではありませんが、敷地南側にはフォレストパークが設置されるのでそれなりに距離は設けられている点は良いでしょう。

間取り的にはいまさら説明する必要はないんじゃないかと思う「スミフの田の字」ですが、このプランは共用外廊下側の柱がアウトフレーム化されていないのですね。中住戸などは基本的にアウトフレーム化されており(つまりは完全アウトフレーム)、スミフ物件で頻繁に見かけるタイプなのですが、このプランはそうではないのでちょっと残念です。

当物件は67平米と71平米の2つの専有面積のみでプランもほぼ反転タイプで構成されるという省コスト設計のため、当然玄関廊下は一直線で角住戸にもプライベート感のあるポーチなども存在しませんし、当たり前のように洗面所もリビングインです。
総戸数2090戸でもの凄く多彩なプランで構成されていたワールドシティタワーズの企画当初とは住友さんのコンセプトや販売方針は180度近く変わった感があります・・・。今では当たり前となった販売中途での「値上げ」もワールドシティタワーズから始まったと認識しています。ワールドシティタワーズのアクアタワーの販売当初は全2,090戸もの販売ということで途中からの値上げなんて考えていなかったのではないかと思いますが、相場上昇と共に売り惜しみの長期販売へあっという間にシフトしていきましたね。

坪単価は予定価格で324万円。割高価格で知られる住友物件である上、当物件内では日照が得られる唯一の南角住戸ということで高めの単価設定となるのは当然なので驚きはありません。「夢」が実現するのであれば安い買い物です(笑)。

【内廊下の超ワイドスパンが見たかった】シティテラス品川イースト67平米5,880万円(予定)【坪単価290万円】 | topページへ戻る | 【そこいらへんの2階とは大違い】オーベル横浜白幡2階68平米4,288万円【坪単価208万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る