top  >  不動産市況  >  2015年3月の首都圏マンション販売戸数

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

2015年3月の首都圏マンション販売戸数
2015-04-16

不動産経済研究所の発表によると3月の首都圏のマンション販売は、
販売戸数4,457戸(前年同月比4.0%減)
1戸あたり価格5,186万円(前年同月比0.6%減)
契約率79.6%(前年同月比0.2ポイントダウン)
とのことです。

2月(前月)はザ・パークハウス西新宿タワー60の販売が全体数値に大きな影響を与えていると書きましたが、3月(今月)の数字からもその様子が明らかに見て取れます。
3月(今月)の1戸あたり価格は1月以前までの金額に近似していますからね。

基本的には予想通りの結果となっているのですが、意外だったのは契約率がここ数ヶ月の中ではかなり良い数字だったことですね。70%台後半となるのは昨年11月以来ですし、平成26年度(26年4月~27年3月)の1年間では7月に次いで2番目に高い契約率と言うことになります。
年度末ということもあるのでしょうが、「今後不動産価格は確実に上がりますっ!!!」という脅迫されているかのようなフレーズが世間全般の購入意欲を支える一因となっているのでしょう。

即日完売物件で目立つのはなんと言ってもプラウド日本橋三越前でしょう。72戸を平均1.47倍、最高6倍というなかなかの数字を記録しました。40~50平米台も多く設定されている物件なので平均価格は約7,000とベラボーに高いとまでは言えませんが、ちょっと話題性がある物件なら高くともあっさりと売れてしまうのが昨今の不動産市況です。おそろしや~。

新年度に入る次月も今月同様に好調な数字を記録することができるのでしょうか。
100平米超のプランが数多く存在するプラウドシティ加賀学園通りがどのような数字となるのかにも注目ですね。

【幅のある連窓サッシ×ルーフバルコニー】レジデンスコート練馬4階71平米6,198万円【坪単価288万円】 | topページへ戻る | 【限界まで効率性を追求した玄関】アイル秋葉原ノース参番館6階44平米3,990万円【坪単価299万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る