top  >  【新築】葛飾/江戸川/足立  >  【億ションと言われても納得できそうなグランドゲート】シティテラス平井6階71平米5,080万円【坪単価237万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【億ションと言われても納得できそうなグランドゲート】シティテラス平井6階71平米5,080万円【坪単価237万円】
2015-04-29

シティテラス平井。

平井駅徒歩8分の14階建総戸数357戸のレジデンスです。3棟構成で結構なスケール感のある物件となります。

平井と言えば同じくスミフが分譲した総戸数567戸のアクラスや大京とオリックスのJVで総戸数700戸だった亀戸レジデンス(名前的にも亀戸感が強いですが最寄駅は平井で徒歩11分)などが記憶に新しい所で「大規模物件」というイメージが強いのですが、小松川3丁目に2000年代前半に分譲された東京インターマークスや東京リバースフォートなども含め何気に大規模で駅徒歩10分圏内という物件はないんですよね。

当物件のポジションは鉄塔が気にならないかと言えば嘘になりますが、荒川沿いの開放感は言わずもがなですし、平井駅にこだわるのであれば「駅徒歩10分圏内×大規模×リバービュー」という3拍子そろった貴重な物件ということが出来ます。
まぁ、それを武器にえらく高い値段で売るのがスミフであり、第1期開始までにえらく時間がかかったにもかかわらず販売がたったの55戸というところが相変わらず凄いなと思うわけですが・・・。

施工は長谷工ですが、二重床ですし、デザイン的にもいつものスミフ感たっぷりのものとなっています。
これだけのスケールがある物件ながらも共用施設がキッズルーム(兼集会室)だけという所にコスト削減感が強く出ていてちょっと嫌になりますが、スケール感抜群のグランドパティオ、そして億ションと言われても納得できそうなグランドゲートは非常に秀逸な出来映えですね。

公式ホームページ
IMG_4549[1]
お部屋はテラスAの70平米超の3LDK、南西向き中住戸です。敷地南西側は道路に面しているわけではないので将来的なリスクは幾分あるのでしょうし、荒川も首を曲げないと見えてこないのが残念ですが、現状は日照だけでなく眺望も楽しめる開放感のプランです。

当物件はテラスA~Cの3棟構成ですが、B棟は荒川ビューとは言え鉄塔があるのでいいことばかりではありませんし、C棟はほぼ西向き(でもスカイツリーは見える)という感じなので、最も手堅いのがこのテラスAということになるのでしょうか。

間取り的には今さら説明するまでもないいつものスミフの田の字です。長谷工施工らしく柱の食い込みが目立つのは残念ですね。結構いいお値段なのですからもう少し努力してくれても良かった気がしますね。

バルコニー側の連窓サッシは素晴らしいですし、無駄の少ないプランなので専有面積のわりには収納が充実しているのは良いでしょう。
洗面所はいつも通り当然リビングインですけどね。

坪単価は237万円。6階でこの単価とはなかなかパンチ力があります。前述のようにアクラスや亀戸レジデンスはここよりも駅距離があるとはいえ、平均坪単価約180万円と約200万円という水準でした。亀戸レジデンスは前回のプチバブルが弾ける前の2007年から分譲されており、販売当初は坪単価220万円程度でしたが、2010年にかけてどんどん坪単価が下がり後半は平均坪単価約170万円程度だったことを考えると、ここの平均坪単価240万円ぐらい?もあながちおかしいとは言えないのですが、この価格で357戸が本当に完売できるのかは疑問です。
5,000万円出せばもっと都心寄りのエリアでも十分に検討できますからね。

設備仕様面は食洗機はないもののディスポーザーとミストサウナはついています。水回りの天然石天板仕様などの高級感のあるものは当然ありません。

管理費は118円/㎡。前述のように共用施設は削減していますが、ディスポーザーがあることを考えればこの水準は良心的ですね。駐車場全160台が平置と出来るだけの13,000㎡弱の広大な敷地ゆえでしょう。サイクルポートも357区画あるので、空地の大半が駐車場とサイクルポートでほとんど消費されてしまってはいますが。

【わりとプロパストっぽい】LUXIO日本橋蛎殻町76平米6,990万円【坪単価万円】 | topページへ戻る | 【総戸数18戸で内廊下設計】オープンレジデンシア東中野3階54平米4,980万円【坪単価302万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る