top  >  【新築】品川/大田  >  【ステキなシカク】アールブラン下丸子センティア1階76平米5,890万円【坪単価256万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【ステキなシカク】アールブラン下丸子センティア1階76平米5,890万円【坪単価256万円】
2015-05-15

もう1件、アールブラン下丸子センティア。

設計・施工は風越建設です。オープンハウスのオープンレジデンシアなどの施工実績が豊富で大手デベ実績は少ないゼネコンですが、モリモト物件ではアールブラン田園調布の実績がありますね。

デザイン監修にウイ・アンド・エフ・ヴィジョンが起用されています。ピアース尾山台やアールブラン玉川岡本などのモリモト物件はもちろんのこと、三井のパークコートシリーズや最近だとプレイスガーデン喜多見などといったスケールのある物件での実績もある著名な会社です。

お隣のアールブラン下丸子レジデンスのデザインはプラネットワークスによるもので、違うデザイナーを起用しているのは意外と言えば意外だったのですが、レジデンスのデザインと調和しつつもまた違った印象のある瀟洒なデザインとなっていますね。

道路側となる北東面から見ると基本的には共用外廊下ばかりが見えることになるので、通常の造りだと地味な外観になってしまうのですが、共用外廊下の手摺にガラス手摺をふんだんに用いるなどの工夫も見られます。2層吹抜のエントランスも素敵ですね。

前回のアールブラン下丸子センティア

公式ホームページ
IMG_4651[1]
お部屋は76平米の1LDK+2S、南東角住戸です。南側は隣接地のレジデンスとの距離がかなり近いこともあり、開口部は制限されていますが、東側は道路沿いなのである程度前建との距離は確保できています。

1階住戸なのでテラス付のタイプとなりますが、奥行は普通のバルコニーとあまり変わりませんし、1階住戸ということで外廊下側の採光が十分ではなく洋室2室がサービスルームになってしまっている点は残念です。

ただ、当プランは当物件の最大の特長であるワイドスパンが採用された角住戸という点は見逃せません。当物件の間取りのコンセプトは「ステキなシカク」。どこかで聞いたことがある感じですが(笑)、モリモトがこのようなワイドスパンの田の字ベースのプランを数年前から数多くの物件で積極的に取り入れている唯一のデベであることは確かですし、当ブログでも何度も誉めさせていただいております(笑)。

何度も解説しているので今更言うほどのことではないのですが、ワイドスパンとすることで必然的に奥行(玄関からバルコニーまでの距離)が短くなるので一般的な田の字プランと比べ廊下はかなり短くなります。この廊下の長さながら洗面所はしっかりと廊下からの動線と出来ていますし、当プランは角部屋なのでお風呂に窓まであるという魅力的な設計となっています。

LDの入口付近のデッドスペースも少ない上、LDはワイドなサッシに面しているので畳数以上の広さを感じさせてくれることは間違いありません。

逆梁工法が採用されているため、窓際天井部の下がり天井の影響はなく、2.3mもの文句ないハイサッシが採用されているのもモリモトならではです。2.1mとかの似非ハイサッシとは開放感が全く違います。

坪単価は256万円。1階住戸ということで物件内では単価は弱めとなっています。実質3LDKであるにもかかわらず、正式には1LDK+2S表記となってしまうあたりが残念なのですが、間取り的には非常に工夫があって魅力的のあるプランだと思います。

設備仕様面はディスポーザーも食洗機もなく、モリモトの代名詞の1つでもある廊下の天然石貼り(もしくはタイル貼り)も標準仕様とはなっていないコストを抑えたものです。
このご時世ですので仕方ないとは思うのですが、浴室照明がダウンライトではなくブラケットタイプなのも近年のモリモト物件では珍しいのではないでしょうか。

管理費は229円/㎡。総戸数も50戸以上はあるわけですし、外廊下、かつ、ディスポーザーなしの物件にしては幾分高い印象です。駐車場は全10台(機械式8台、平置2台)でアールブラン下丸子レジデンスが総戸数62戸で22台だったことを考えると大分減らしていますね。

昨今の分譲マンションは車所有率の低下に従い、数年前に比べ駐車場設置率を減らす傾向が顕著ですが、ここもまさにそれを反映したものとなっていると言えるのではないでしょうか。

【御殿山の貴重な大規模低層レジデンス】御殿山ハウス3階107平米10,650万円【坪単価329万円】 | topページへ戻る | 【モリモトデザインがより一層際立つエリア】アールブラン下丸子センティア2階74平米5,890万円【坪単価263万円】

このページのtopに戻る

コメント:

モリモトシリーズ待ってました!
HPではわからなかったのですが、廊下は標準で天然石ではないのですか。。ちょっとショックです。
お風呂はディアナコートでも部屋によって、ブラケットだったりしたのでしょうがないですかね。
フローリングは流石に突板か挽板でしょうか?
それでも他のデベと比べると設備は頑張ってくれてますよね!モリモトには頑張って欲しいです。
ピアース学芸大学や大倉山、千石丸山の記事も楽しみに待ってます。
(私個人的には千石丸山の外観デザインにびっくりしました。)

コメントの編集

Re: タイトルなし

コメント有難うございます!

まさ様はモリモトファンなのですか?
モリモトは唯一無二とも言えるデベロッパーなので見てて楽しいですよね。
最近はアーキサイトデザインがあまりに多すぎるので若干飽きもありますが。

廊下は間取り図をご覧いただければ分かるようにフローリングですよ~。

千石丸山のデザイン監修はアルキフォルマですね。
モリモトとアルキフォルマの組み合わせはちょっと記憶にありません。
クラッシィとかだといくつかあったような気がしますが。
アーキサイトなどとはまたちょっと違った雰囲気もありますが、やはりモリモトらしいデザインに仕上がりそうですね。

コメントの編集

そうなんです。私はモリモトファンで、実際にモリモトユーザーです。

こだわりのあるデベロッパーと自分の好みが合うのは素晴らしいですよね。

千石丸山は外観に使われる石が少なくなったなーと思ってしまいました。用賀、祐天寺あたりはふんだんに石を使っていたのに、コスト削減?と思いましたが、デザイナーの好みで分かれるかもしれませんね。
石を使えばいいという訳でもありませんし。

コメントの編集

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る